コロマリズム 売れない彫刻家のサブカル自慢話

売れない彫刻家のコロマロです。この雑記系ブログで、芸能ネタやダイエットやバブル期の自慢話を語りながら、彫刻しつつ、皆さんのお越しをお待ちしております。ちなみにアルバルク東京のファンであったりします。

スポンサーリンク

【心の深さ】令和2年に語る平成2年の今頃の話その27

※ここは常に30年前の話をするスレッドです 1990年。 桜の便りも聞かれる3月の穏やかな日。 僕とNONはいつ来ても静かな上野の森の木陰道を歩いていました。 いよいよ今日は芸大の最終合格発表の日です。センター試験初回のゴタゴタにより、日本のあらゆる大学…

【今どきの教科書】美術の教科書にライゾマと庵野秀明と林ナツミ

娘の高校の教科書をチェック。さすがに高校ともなると教えるのは厳しくなってきますね・・・参ったな・・・ 面白かったのは美術の教科書で、庵野秀明やライゾマティクスあたりは予想の範疇としても、林ナツミの「本日の浮遊」までチェックされているのには驚…

【想い出がいっぱい】卒業ソング15「H₂O」

売れるべく生まれた曲 1983年の副部長 誰の視点の歌? 「想い出がいっぱい」歌詞 売れるべく生まれた曲 アニメ版「みゆき」の主題歌として生まれた曲です。既に中堅ミュージシャンだったH₂Oに白羽の矢を立て、豪華スタッフが「売れるべくして生み出した曲」…

【イカ天ブームの終わりと審査員】令和2年に語る平成2年の今頃の話その26

※ここは常に30年前の話をするスレッドです 二浪するために イカ天リニューアル 全てに醒める イカ天の審査員 萩原健太 湯川れい子 中島啓江(故人) 吉田建 伊藤銀次 グーフィー森 ラッシャー木村(故人) 内藤陳(故人) 四方義郎 村上ポンタ秀一 デーブ・…

【じゃあね】卒業ソング14「おニャン子クラブ」

なかじー 元祖卒業商法 「じゃあね」歌詞 なかじー 1986年の春に発売された『おニャン子クラブ』の第三弾シングルで、フロントメンバーの一人だった 中島美春さんの卒業ソングでもありました。 「高校卒業を機に、おニャン子を脱退して歯科衛生士を目指しま…

【卒業写真】卒業ソング13「山本潤子&小田和正」

中学の卒業式が「卒業生と先生のみ出席」で行われることになりました。まあこれはしょうがないですね。 でもオープンエアスペース・・・要は校庭での記念撮影は(常識の範疇内で)OKとのことでした。まあいい落としどころじゃないかなあと感じますね。まっ…

【建設中の新宿新都庁舎】令和2年に語る平成2年の今頃の話その25

※ここは常に30年前の話をするスレッドです 今から30年前の今頃、僕は芸大を目指す予備校生でした。そして未来が明確に定まらないまま、受験期が終わろうといました。 僕らが芸大試験を受けている最中に、私大系デザインコースの連中が、予備校から荷物を引き…

【さくら】卒業ソング12「ケツメイシ」

DVチックな萩原聖人 96万枚売り上げたケツメイシ最大のヒット曲です。萩原聖人が出演したPVも大いに話題になりました・・・・が、PV中盤の萩原のDVチックなキレっぷりにはドン引きですね(苦笑)。 gyao.yahoo.co.jp ケツメイシは声がいい この人たちは声が…