ころまろ☆辛口エンタメ塾

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【テセウスの船】の重大な設定ミス!佐野ファミリーがタイムパラドックス?

「テセウスの船」の完全ネタバレ企画「犯人の日記大公開」が動画サイトParaviでリリースされました。独占配信です。今なら無料期間中に全話+特別企画が視れますよと。 ※以下、ちょっとだけネタバレがあります※ ポンコツ親子が我が身を振り返る企画 時間軸の…

【テセウスの船】 最終回1時間前【大炎上必至?】

ワニの炎上 感動させろ症候群 「テセウスの船」の最終回が不安 今日の21時 「テセウスの船」 「クラシック音楽館」 「辻井伸行㏌ドイツ 31歳 新たな領域へ」 ワニの炎上 news.yahoo.co.jp 僕は炎上報道で初めて「100日後に死ぬワニ」を知ったのですが、あま…

【今どきの教科書】美術の教科書にライゾマと庵野秀明と林ナツミ

娘の高校の教科書をチェック。さすがに高校ともなると教えるのは厳しくなってきますね・・・参ったな・・・ 面白かったのは美術の教科書で、庵野秀明やライゾマティクスあたりは予想の範疇としても、林ナツミの「本日の浮遊」までチェックされているのには驚…

Eternal lilies dedicated to 311

この写真は震災の一年後に、六本木画廊で行われた『再生の息吹』展の時のものです。二つとも僕の作品で、椿の方が『まだ温かい死』というタイトルで、百合の方が『Eternal lilies dedicated to 311』というタイトルになっております。 ものを創る事の意味を…

【厭らしい嫉妬】水嶋ヒロの料理チャンネルは面白いぞと【回りくどい中傷】

「MステをCMも飛ばさず全部観る」という荒行をライフワークにしている僕です。そんなわけで早くアシスタントを弘中に戻して欲しいです・・・まあそれはさておき・・・。 Mステの前アシスタントの弘中綾香さんが、NHKのYoutuberの特集番組の中で「水嶋ヒロの…

【グエムル-漢江の怪物-】ってポン・ジュノ監督だったんですね

うっかり契約してしまった「Pravi(TBS系動画配信コンテンツ)」において、現在、アカデミー賞を受賞したポン・ジュノ監督の作品が特集されているのですが、その中に「グエムル-漢江の怪物-」があってびっくりしました。これがこの人の作品だったのかと・…

【村治佳織】ギターの申し子のドビュッシー

文芸春秋にクラシックギタリストの村治佳織さんのインタビューが掲載されておりまして「そういや大病を患ったり、離婚したりと色々あったから大丈夫だったのかな」などと思って読んだのですが、そういう凡人レベルの心配など全く関係ない感じが凄かったです…

【平成の名曲】第1位『夜空ノムコウ』「君たちが歌うと、とってもいい曲だね」

1位 『夜空ノムコウ』SMAP 平成10年 彼等に歌ってもらうことが目標 平成という時代への鎮魂歌 2016年の真夏の深夜のこと 彼等に歌ってもらうことが目標 SMAPの解散時にノーナリーブスの西寺郷太氏が「自作の曲をSMAPに歌ってもらうことが多くのソングライタ…

【平成の名曲】第3位『ラブ・ストーリーは突然に』正式にはカップリング曲

3位『ラブストーリーは突然に』小田和正 平成3年 ©2019コロマロ 「か~んち! また嘘ついてる」(鈴木保奈美)「赤名がいなくなった」(西岡徳馬) ♪あのひ~ あのとき~ あの場所で~ natalie.mu 正式にはカップリング曲扱い タイトルについて おのおのの恋…

【平成の名曲】もうすぐベスト15だった曲

平成ベスト3の発表の前に、ここで惜しくもベスト15に入れなかった曲を発表します。 ©2019コロマロ ◆30位『あとひとつ』平成22年 ファンキーモンキーベイビーズ ◆29位『アジアの純真』平成8年 PUFFY ◆28位『島唄』平成4年 THE BOOM ◆27位『ハナミズキ』平成1…

【平成の名曲】第4位『恋』練習せずに恋ダンス、試合に負けても恋ダンス

4位 『恋』星野源 平成28年 ©2019コロマロ もくじ 久々の「好きなアーティスト」 10年代の名盤「YELLOW DANCER」 「恋ダンス」ブーム 新たな名作『POP VIRUS』 久々の「好きなアーティスト」 平成も20年代に入り、さらには西暦も10年代を超えたあたりになる…

【グランメゾン東京】山下達郎とジャニーズ【隠れた名曲】

『TBS日曜劇場 グランメゾン★東京』の打ち上げパーティーに、あの山下達郎さんがサプライズで登場し、木村拓哉さんをはじめとする主要キャストの前で、番組の主題歌である『RECIPE』と、代表曲『RIDE EON TIME』の2曲を演奏したそうです。 jisin.jp なんと…

【紅白歌合戦2019】「反省会」紅白の感想と辛口批評 

そんなわけで自称紅白評論家コロマロの紅白2019の感想です。※敬称略※ もくじ ◆全体 ◆司会 ◆勝敗 ◆「パプリカ」Foorin ◆「花火」Aiko ◆「EXPerience Greatness」GENERATIONS from EXILE TRIBE ◆「キュン」日向坂46 ◆「純烈のハッピーバースデー」純烈 ◆ディス…

【正月太り対策】早めに戻そう

そんなわけで恐怖の正月太りのお話です。 目次 正月太りの平均値 早めの対策が必要 正月太り解消法 正月太りの平均値 正月太りの平均値というものを調べてみますと【1.7~2.4㎏】という数値が出てきます。なかなかの数字に驚くとともに、これはあくまで「平…

【紅白歌合戦2019】全曲プレビュー見所紹介【後半編

大晦日の風物詩である「NKH紅白歌合戦」。いよいよ本日放送です。そんなわけで「自称紅白評論家」のコロマロがお送りする「全曲プレビュー 一気出し」の後半戦です。※敬称略※ 後半戦 もくじ 24. Little Glee Monster「ECHO」 25. DA PUMP「DA PUMP ~ONE TEA…

【グランメゾン★東京】 反省会!最終回の感想「一番高いワインやないかい!」続編希望

そういうわけでコロマロが久々にハマってしまったドラマ『グランメゾン東京』の反省会であります。御覧になっていない方にとっては何が何だかでしょうが、どうかお付き合い宜しくお願いします。 「一番高いワインやないかい!」 ドラマ全体 キムタク 鈴木京…

【紅白歌合戦2019】全曲プレビュー見所紹介 前半編

NKH紅白歌合戦がいよいよ迫ってきました。「自称紅白評論家」のコロマロとして、ここで黙っているわけにはいきません。そんなわけで出場全歌手全楽曲のプレビューを一気出しします。敬称略。 前半戦 前半戦 01. Foorin「パプリカ -紅白スペシャルバージョン…

【小沢健二】Mステで改めて感じた【オザケン】の魅力 新曲【彗星】から感じる今の小沢健二

今日はコロマロが今年のベストソングだと感じている小沢健二さんの「彗星」についてです。 もくじ Mステスーパーライブのオザケン 新曲「彗星」 PVに出てくる子供はオザケンの実の息子 あいみょんのブレが残念 Mステスーパーライブのオザケン Mステのスーパ…

【グランメゾン★東京】最終回を「あらすじ」と「次回予告」から予想

コロマルがすっかりはまってしまっているドラマ【日曜劇場 グランメゾン★東京】の最終回予想です。このドラマを視ていない人にはさっぱりわからない話でしょうが、ここはどうかご容赦ください。 ©2019コロマロ もくじ 公式のあらすじ gaku編 平古祥平編 グラ…

【ラスボス】今年の紅白の見どころ【ユーミン】

「ラスボス」ユーミンの登場が発表され、ようやく盛り上がってきた2019年紅白歌合戦。そんなわけで自称紅白評論家のコロマロが今年の紅白の見所を紹介致します。 ©2019コロマロ もくじ ユーミン登場 ノーサイドを歌えるのか? 白組の見どころ 紅組の見どころ…

【レプチン】リバウンドを制する者はダイエットを制す【停滞期と反動期を理解せよ】

たとえ10キロ減量に成功しても、その後に10キロ以上太ってしまったら元も子もありません。コロマロ自身も、10キロ減量成功後は、油断するといつの間にか戻っている体重(小リバウンド)との闘いが続いています。今日はそんなリバウンドについてですね。 目次…

【平成の名曲】第11位『HERO』自分の同世代の『HERO』桜井氏の憂鬱

11位 『HERO』Mr.Children 平成14年 ©2019コロマロ もくじ 大阪万博生まれ世代 桜井氏が病に臥す 小田さんの洗礼 大阪万博生まれ世代 コロマロは1970年、大阪万博開催生まれなのですが、そんな自分の同世代のHEROというと「将棋の羽生氏」や「競馬の武豊氏」…

【グランメゾン★東京】第8話の感想 ビーフシチュー】ロケ地とペティーナイフについて

ダイエッターでありながら、グルメドラマであるTBSテレビ【日曜劇場『グランメゾン東京』】にすっかりハマってしまっているコロマロです。それどころか最近はスピンオフドラマ『グラグラメゾン東京』を独占配信している「Paravi」で、ドラマの中の若手たちの…

【平成の名曲】第12位『残酷な天使のテーゼ』ゲームはアニメを超えたか?エヴァ現象というもの

12位 『残酷な天使のテーゼ』高橋洋子 平成7年 ©2019コロマロ 映画の完結編を来年に控えたあのアニメの主題歌ですね。目次 二時間くらいで書いた曲 エヴァブーム エヴァンゲリオンVSファイナルファンタジー エヴァブームその後 二時間くらいで書いた曲 平成7…

【平成の名曲】第13位『come again』「未来派」時代を超えて普遍的なもの

13位 『come again』m-flo 平成13年 ©2019コロマロ いまだにその先進性が評価されているm-floの名曲「COME AGAIN」。2020年5月13日に発売される90年代リバイバルのコンピレーションアルバム「avex revival trax」にも、今話題の安斉かれんさんのカヴァーバ…

【平成の名曲】第14位『恋するフォーチュンクッキー』AKBのマスターピース 仁藤と萌乃の違いとは?

14位『恋するフォーチュンクッキー』 AKB48 平成25年 ©2019コロマロ 「会いたかった」や「ヘビーローテション」を抜き去り、AKBのマスターピースとなった名曲「恋するフォーチュンクッキー」。今日はその曲とグループアイドルについて語っていきたいと思って…

【グランメゾン★東京】江藤オーナーにハマる「ウニ出とるやないかい!」

「グランメゾン★東京」に相変わらずハマってしまっているコロマルです。ダイエッターなのに料理ドラマにハマってどうするという話ですが・・・もうどうしようもなく面白いのだからこれは致し方ありません。今日はそんな「グランメゾン★東京」で異彩を放つ「…

【平成の名曲】第15位『今夜はブギー・バック』渋谷系とは?ロストジェネレーションの空虚感

15位 『今夜はブギー・バック』 小沢健二 featuring スチャダラパー 平成6年 オザケンこと小沢健二さんがニュースステーションにゲスト出演した際に、あの小宮悦子さんが「空から音が舞い降りてきた」と絶賛した曲ですね。 ↓OzawaKenjiVEVOより↓小沢健二 fea…

【平成の名曲】邦楽限定ベスト15【心に残るヒット曲】はじめに

平成の30年間を振り返り、心に残った楽曲ベスト15を、おのおのの世相とともに紹介致します。 目次 平成が終わり令和が始まった2019年 思い出のシーンにはいつも音楽があった 平成の邦楽の大まかな流れ 平成の邦楽の主な記録 平成が終わり令和が始まった2019…

【木村拓哉】「何を演じてもキムタク」であり続けるために『グランメゾン★東京』で初キムタク

ニュース23の後に突然オンエアされた再放送をうっかり視てしまい「これはヤバいな」と思っていましたが・・・案の定、木村拓哉さん主演のドラマ「グランメゾン★東京」にハマってしまいました・・・家族にバレないように深夜にこそこそと見逃し配信で視ており…

スポンサーリンク