ころまろ☆辛口エンタメ塾

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【平成2年の今頃の話35】浪漫飛行リバイバル【デザイン流れ&ナルちゃん】

※ここは常に30年前の話をするカテゴリイです 30年前の今頃、僕は一浪したのちムサビに入学しました。 年齢が幅広い Far East Cafe デザイン流れ 浪漫飛行 年齢が幅広い 彫刻科の同学年は29人いました。年齢層を上げますと… 現役 6人1浪 6人2浪 6人3郎 7人…

【Youtubeで視る伝説のライブ&パフォーマンス集】その1

閉塞感溢れる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか? 風さわやかな良い季節の中、外に出て羽根を伸ばしたいところですが・・・ここはみんなで頑張りどきですね。耐えていきましょう。 こんな状況ではひたすらYoutube三昧という方も多いかと思われます。…

【松田聖子】昭和生まれが選ぶ松田聖子名曲ベスト10【圧倒的な独断と断固たる偏見で選出】

昨日はMステの「平成生まれが選ぶ松田聖子名曲ベスト10」に完全ダメだししたコロマロです。 www.koromaro.com でも文句ばっかり言うのもアレなので、今日は「昭和生まれが選ぶ松田聖子名曲ベスト10」を、僕の圧倒的な独断と断固たる偏見で発表しようと思いま…

【松田聖子】平成生まれが選ぶ松田聖子名曲ベスト10【順位に不満!けしからん!】

Mステの「平成生まれが選ぶ松田聖子名曲ベスト10」を視聴しました。 注目のランキングですが・・・個人的に不満タラタラですよ。 1位「赤いスイートピー」 2位「あなたに逢いたくて」 3位「青い珊瑚礁」 4位「渚のバルコニー」 5位「SWEET MEMORIES」 6位「…

【いきものがかりの新曲のステマ=ワニ】だったのでは?【ワニに便乗ではなく】

最近のTVは、まさに「困ったときの音楽特番」という風情で、急遽呼ばれたアーティストたち(急なので嵐とかは呼べない局もある)が、スポーツ放送の穴を埋めまくっている印象がありますが・・・今の状況だと、その頼みの「音楽番組の収録」すら難しくなって…

【卒業ソング15】『想い出がいっぱい』H₂O

既に中堅ミュージシャンだったH₂Oに白羽の矢を立て、豪華スタッフが集結して制作した「売れるべくして生み出された作品」です。それゆえにH₂Oの感じたプレッシャーは大きかった事でしょうね。 『想い出がいっぱい』 『H₂O』について 豪華制作陣 誰の視点の歌…

【卒業ソング14】『じゃあね』おニャン子クラブ

なかじー 元祖卒業商法 「じゃあね」歌詞 なかじー 1986年の春に発売された『おニャン子クラブ』の第三弾シングルで、フロントメンバーの一人だった 中島美春さんの卒業ソングでもありました。 「高校卒業を機に、おニャン子を脱退して歯科衛生士を目指しま…

【卒業ソング13】『卒業写真』山本潤子(&小田和正)

中学の卒業式が「卒業生と先生のみ出席」で行われることになりました。まあこれはしょうがないですね。 でもオープンエアスペース・・・要は校庭での記念撮影は(常識の範疇内で)OKとのことでした。まあいい落としどころじゃないかなあと感じますね。まった…

【卒業ソング12】『さくら』ケツメイシ

「さくら」はケツメイシの通算14作目のシングルで2005年2月にリリースされました。この曲でグループ初のシングルチャート1位を獲得し、同曲を含むアルバム『ケツノポリス4』は国民的ヒットを記録。ケツメイシの人気は不動のものとなりました。 2005年度 年…

【卒業ソング11】『卒業-GRADUATION-』菊池桃子

きのうのMステの特集が「卒業式に歌いたかった歌」だったのは切なかったですね。これはもう卒業後でもいいので、なんとか落ち着いた時期に、公的に「令和元年度卒業生同窓会」を確約するとか・・・そんな代替案を考えて欲しいなと願ってしまいます。 まあま…

【卒業ソング8】『花は咲く』 紅白2013

感動に天然ボケ 故郷福島 「花は咲く」歌詞 www.dailymotion.com 感動に天然ボケ この時は綾瀬はるかの涙と歌に感動してしまったのですが・・・このあとドリカムの西川に「素晴らしかったですね」といわれた綾瀬本人が 「わけもわからず泣いてすみませ~ん」…

【卒業ソング7】『卒業』斉藤由貴

今日は卒業ソングの傑作と言われるこの曲ですね。 青春を共に歩んだ曲 斉藤由貴との出会い 「卒業」ブーム の中で 斉藤由貴とは? 斉藤由貴的彼女 「卒業」歌詞 青春を共に歩んだ曲 斉藤由貴のデビュー曲「卒業」は、僕が中学2年生の時の卒業シーズンに発表…

【卒業ソング6】『夕陽に別れを告げて』サザンオールスターズ

今日はサザンの隠れた(?)名曲ですね。 名盤「KAMAKURA」 「KAMAKURA」の鎌倉曲 意外と後ろ向きな桑田佳祐 自分自身の青春時代の思い出が重なる曲 名盤「KAMAKURA」 『夕陽に別れを告げて』は1985年秋に発売されたアルバム『KAMAKURA』に収録されたナンバ…

【卒業ソング5】『Friend Ship』星野源

今日は星野源の『Friend Ship』についてですね。 僕も大好きな曲です。 Live Tour “YELLOW VOYAGE" (初回限定盤) <Blu-ray> 映画主題歌&オールナイトニッポンエンディング曲 星野源本人のコメント 『Friend Ship』歌詞 果たされなかった光景 映画主題歌&オールナイ</blu-ray>…

【西城秀樹】『俺のヒデキ』私が愛したスーパースター

酒席などでは「たのきん世代」とサバ読んでおりますが、実は「新御三家+ジュリー世代」の僕にとって、西城秀樹さんが亡くなった際の喪失感というものは、なかなかのものでした。何と言っても僕が最初に好きになった男性芸能人ですから・・・思えば僕が人生…

【卒業ソング3】『全ての言葉はさよなら』フリッパーズギター

フリッパーズギターのセカンドアルバム「CAMERA TALK」のラストナンバーですね。コアなパーフリファン(特に女子)の間では非常に人気の高い曲です。 Flipper's Guitar - Camera Full Of Kisses/全ての言葉はさよなら セカンドアルバム『カメラトーク』 小…

【卒業ソング2】『桜の木になろう』AKB48

オワコンAKB 震災の記憶と重なる曲 松井珠理奈の母親が号泣 「桜の木になろう」歌詞 オワコンAKB 今やすっかりオワコンになってしまったAKBの曲ですね。そういやAKBは毎年「桜ソング」を歌っていましたが、いまもそれは続いているのでしょうか?もはやそれす…

【卒業ソング1】『虹』森山直太朗

3.11に無来賓、無保護者、無言で行われる予定だった子供の中学校の卒業式が延期になりました。 これは良い延期であるという事と、なおかつ、皆で子供たちを送り出せる日が来るという事を信じて、今日からその日まで「卒業ソング」を毎日ご紹介したいと思って…

村治佳織のドビュッシー

文芸春秋にクラシックギタリストの村治佳織さんのインタビューが掲載されておりまして「そういや大病を患ったり、離婚したりと色々あったから大丈夫だったのかな」などと思って読んだのですが、そういう凡人レベルの心配など全く関係ない感じが凄かったです…

【King Gnu】「Teenager Forever」変なPVから感じた大物感「何がどうあろうと揺るがないもの」

今日はコロマロの最近のお気に入りの「King Gnu」についてです。 紅白での「白日」効果 名盤の予感「CEREMONY」 シクラメンのかほり症候群 PVのぶっとびぶり ゆるがないもの 紅白での「白日」効果 年末の風物詩「NHK紅白歌合戦」には様々な「枠」が存在して…

【グランメゾン東京】山下達郎とジャニーズ【隠れた名曲】

『TBS日曜劇場 グランメゾン★東京』の打ち上げパーティーに、あの山下達郎さんがサプライズで登場し、木村拓哉さんをはじめとする主要キャストの前で、番組の主題歌である『RECIPE』と、代表曲『RIDE EON TIME』の2曲を演奏したそうです。 jisin.jp なんと…

『TSUNAMI』平成の名曲 第5位 タブーの封印が解かれるのはいつの日か

5位 『TSUNAMI』サザンオールスターズ 平成12年 ©2019コロマロ 平成を代表する曲でありながら、東日本大震災以降はタブー化されている曲です。 実際に「過去ランキング番組」などでこの曲が紹介される場合は「曲名はテロップのみでアナウンスしない」&「歌…

【桜ソング】平成の名曲ベスト15 選外作品集

©2019コロマロ ベスト5の発表の前に、ここで惜しくも漏れた作品の発表です。今回は平成に大流行した『桜ソング』の数々を紹介します。ほんと日本人、どれだけ桜が好きなんだという感じですね・・・まあ僕もその一人ですが。 『さくら(独唱)』 森山直太朗 …

紅白歌合戦2019【反省会】紅白の感想と辛口批評 

そんなわけで自称紅白評論家コロマロの紅白2019の感想です。※敬称略※ もくじ ◆全体 ◆司会 ◆勝敗 ◆「パプリカ」Foorin ◆「花火」Aiko ◆「EXPerience Greatness」GENERATIONS from EXILE TRIBE ◆「キュン」日向坂46 ◆「純烈のハッピーバースデー」純烈 ◆ディス…

2019NHK紅白歌合戦【全曲プレビュー】見所紹介 後半編

大晦日の風物詩である「NKH紅白歌合戦」。いよいよ本日放送です。そんなわけで「自称紅白評論家」のコロマロがお送りする「全曲プレビュー 一気出し」の後半戦です。※敬称略※ 後半戦 もくじ 24. Little Glee Monster「ECHO」 25. DA PUMP「DA PUMP ~ONE TEA…

2019NHK紅白歌合戦【全曲プレビュー】見所紹介 前半編

NKH紅白歌合戦がいよいよ迫ってきました。「自称紅白評論家」のコロマロとして、ここで黙っているわけにはいきません。そんなわけで出場全歌手全楽曲のプレビューを一気出しします。敬称略。 前半戦 前半戦 01. Foorin「パプリカ -紅白スペシャルバージョン…

Mステで改めて感じた【オザケン】の魅力 新曲【彗星】から感じる今の小沢健二

今日はコロマロが今年のベストソングだと感じている小沢健二さんの「彗星」についてです。 もくじ Mステスーパーライブのオザケン 新曲「彗星」 PVに出てくる子供はオザケンの実の息子 あいみょんのブレが残念 Mステスーパーライブのオザケン Mステのスーパ…

『小室サウンド』平成の名曲ベスト15 選外作品集

平成の名曲ベスト15 選外作品集『小室ミュージック』 平成6~10年 ©2019コロマロ 平成と言えば小室ソングも抜かせないのですが・・・自分的には単品でベスト15に入る曲はありませんでした。ごめんなさい。 そんな小室ソングが世の中を席捲していた期間は、体…

『今夜はブギー・バック』平成の名曲 第15位 渋谷系とは? ロストジェネレーションの空虚感

15位 『今夜はブギー・バック』 小沢健二 featuring スチャダラパー 平成6年 ©2019コロマロ オザケンこと小沢健二さんがニュースステーションにゲスト出演した際に、あの小宮悦子さんが「空から音が舞い降りてきた」と絶賛した曲ですね。 ↓OzawaKenjiVEVOよ…

【やらせ?】AKBじゃんけん大会【偶然の好結果?】まとめ

もう消滅なのか? AKBの「じゃんけん大会」の歴史を簡単にまとめました。もくじ 第1回大会 内田眞由美 初回は大波乱 大穴内田が優勝 エピソード 第2回大会 篠田麻里子 マリコ様が圧勝で八百長論争 エピソード 第3回大会 島崎遥香 超「推されメン」が優勝 エ…

スポンサーリンク