ころまろ☆昭和45年男

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

今の中学でカイリミノーグ【30年前の1988年の今頃の話1】前置きに変えて 

スポンサーリンク

平成が来年4月いっぱいで終わる今。結構長かった青年時代の終わりを迎える前に、今一度、僕の感受性が間違いなくマックスだった30年前の1988年という年を振り返ってみたいなと思っております。

 

 

 

今の中学でカイリミノーグ

 

 

中一の娘が

「♪あいしゅびそラッキーラキラキラキー♪ って曲知ってる?」

と聞いてきたので、

 

「ああ、そりゃカイリーミノーグのラッキーラブだよ」

 

と、このPVを見せてやりました。

 


Kylie Minogue - I Should Be So Lucky

 

「この曲いい曲だよね〜」と無邪気に言うので、「ええ?これは別に良い曲って感じじゃないだろ。むしろノー天気で実にバ・・・バブルっぽい曲じゃん」と答えたのです。

 

なんでも昼食の時間に放送で流れていたとの事なんですが・・・なんかこの流れだと、そのうち僕が大嫌いなリック・アストリーを流したりする愚か者があらわれて、中学生が洗脳されてしまうのではないかと不安になってしまいました。

 

世の中には許してはいけない間違いもあります。もしもそんな事態になりましたら、僕は中学校の放送室に殴り込みをかけて、リックアスの曲を放送中止にして、中島みゆきの「世情」をながしてやりますよ。

 

そもそも『インフルエンザが蔓延しているのに全校生徒を朝礼で集めて、さらにはわざわざマスクを外させて校歌を歌わせて、挙句の果てに新たな学級閉鎖を作る』ようなラッキーラブな中学校ですからね。融通の効かなさ極まれり。一体なんのために各クラスにテレビ朝礼システムを導入しているんだ・・・

 

と、前置きが長くなってしまいましたが・・・

 

実質的な昭和ラストイヤー

 

この1988年という年は実質的な「昭和最後の年」であり、さらには翌年の春に上京した僕にとっては「福島時代の最後の年」でもあって、さらには僕の「少年時代最後の年」とも言える年だったのです。

 

そんな30年前のかけがえのない年を振り返りつつ、バブル絶頂期に向けて日本が沸騰していった世情を言うものを、この連載で今の皆様にお伝えしていきたいなと思っております。

 

まあ、とにもかくにも面白い時代でしたよ。

 

www.koromaro.com

 

TOP