ころまろ☆昭和45年男

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

マイケル「BAD」復権【1988年の今頃の話その11】洋楽2「グラミー賞のパフォーマンス」

スポンサーリンク

※ここは常に30年前の話をするカテゴリイです

 

実質的な昭和ラストイヤーである1988年の今頃を語っていきます。

 

 

BADは失敗作?

 

 

 

1988のグラミー賞でマイケルのアルバム「BAD」は多くの部門でノミネートされておりましたが、事前の「主要部門の受賞はないだろう」という大方の予想通り「録音賞」(だったと思う)のみに終わったのです。

 

そもそも「BAD」は微妙だったというか(僕は好きだけど)、日本の販売担当者も

 

「メロディアス&ダンサブルな前の二作品に比べ、最新サウンドにこだわり過ぎていてガチガチに硬かった。日本公演という大きな話題が無かったら、売り上げは厳しかったと思う」

 


Michael Jackson - Speed Demon (Official Video)

 

という感想だったのですね。実は全米でもそれはそうでありまして、BADの売り上げ不振(と言っても「スリラー」と比較してなんだけど)は、マイケルのキャリアに暗い影を落としつつありました。

 

そんな状況の中で、それこそ「負け戦」必至のグラミー賞のステージにマイケルが立つというのは僕にとってもなかなか意外な事でした。ですのでグラミー賞の特番(東山紀之のナビゲートが爆笑必至なんだな)をドキドキしながら待っていたのです。

 

グラミー賞の神パフォーマンス

 


Michael Jackson - Grammy Awards performance 1988.3.2

 

 

そこで行われたのがこのパフォーマンスです。

今見ると細かいミスもあるし、口パク問題などツッコミどころもあるのですが、このパフォーマンスが与えたインパクトは、当時はかなり大きなものがありまして、

 

「賞は獲れなかったが、この夜の勝者はマイケルだった」

 

という、いかにも全米的な話題になったのです。

 

アルバム「BAD」が復活

 

そしてその後、BADからシングルカットされる曲はどんどんビルボード1位となり、結果的に

 

「同一アルバムからのシングル5曲連続1位獲得」

 

という新たな金字塔を打ち立てたわけです。

 

キャント・ストップ・ラヴィング・ユー


Michael Jackson - I Just Can't Stop Loving You (Feat. Siedah Garrett)

 

BAD


Michael Jackson - Bad (Official Video)

 

ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール


Michael Jackson - The Way You Make Me Feel (Official Video)

 

マン・イン・ザ・ミラー


Michael Jackson - Man In The Mirror (Official Video)

 

 

ダーティー・ダイアナ


Michael Jackson - Dirty Diana (Official Video)

 

 

思えば「スリラー」がブレイクしたのは、モータウン25周年記念ライブでのパフォーマンス(ムーンウォーク初披露)後の事でしたし、「BAD」の次の「デンジャラス」を後押ししたのも、ス―パーボウルのハーフタイムショーでのパフォーマンスだったりしました。

 

そうです。ちゃんと人の前に立ってのパフォーマンスって、やっぱり大事なんですね。これはなんでもそうですね。僕も展示しなきゃなあ・・・って、実は展示が迫ってきております。はい。

 

 

www.koromaro.com

www.koromaro.com

 

TOP