ころまろ☆辛口エンタメ塾

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【昭和63年の今頃の話50】イマジンとムーンウォーカー【ジョンレノンとマイケルの映画】

スポンサーリンク

※ここは常に30年前の話をするカテゴリイです

ジョンとマイケル。

二人の偉大なアーティストについてですね。

 

f:id:koromaro:20200429094006j:plain

 

 

 

 

洋楽ブームの終わりに

 

1980年代は「洋楽ブーム」に沸いた時代でもありましたが、盛者必衰の理通り、誰も彼もが洋楽に耳を傾けていた時期というのは、この1988年くらいが最後だったように思います。そこから1989年のバンドブームを挟んで、その後はCDの本格普及とともにカラオケブームなども巻き起こり、洋楽からJpopの時代へと移り変わっていったように思います。

そんな1988年の今頃。僕にとって思い入れのある2人の洋楽アーティストの映画が公開されたのです。

 

 

『イマジン』 ジョン・レノン

 

1987年から始まったビートルズのアルバムの公式CDリリースにより、この時期は彼らの人気が再び盛り上がっておりました。

 

そんな中でジョンレノンのドキュメンタリー映画『イマジン』が公開されたのです(実は劇場公開は日本のみだった模様)。公開に際してオノヨーコのオールナイトニッポンが放送されるなど、プロモーションも力が入っておりました。

 

www.youtube.com

 

「シングル『Starting Overが英チャートで1位になったら、イギリスに里帰りしてパレードをしよう』とジョンは言っていたのですが、それが6位くらいで止まっちゃったんですね。ジョンはかなりガッカリしていたので私がそれを慰めたら、ジョンは『僕には家族がいるからいいさ』と言っていたのです。その後ジョンが亡くなった後にStarting Overが1位になって『ジョン、1位になったよ』と伝えたんですけどね」

 

そして映画もなかなかでしたが、素晴らしかったのはそのサウンドトラックでして、収録曲をみて頂ければわかると思いますが、正に「ジョンレノンオールタイムベスト」というノリになっているのです。

 

 

1. リアル・ラヴ
2. ツイスト・アンド・シャウト
3. ヘルプ
4. イン・マイ・ライフ
5. ストロベリー・フィールズ・フォーエバー
6. ア・デイ・イン・ザ・ライフ
7. レボリューション
8. ジョンとヨーコのバラード
9. ジュリア
10. ドント・レット・ミー・ダウン
11. 平和を我等に
12. ハウ?
13. イマジン
14. ゴッド(神)
15. マザー(母)
16. スタンド・バイ・ミー
17. ジェラス・ガイ
18. ウーマン
19. ビューティフル・ボーイ
20. スターティング・オーヴァー
21. イマジン

 

特に一曲目は、後に「ビートルズの新曲」としてリアレンジされて発売された「リアルラブ」の原曲になっています。トータルの曲順もよく考えられていますし、これはお勧めですよ。

 


『REAL LOVE』 John Lennon

 

 

『ムーンウォーカー』マイケル・ジャクソン

 

「スムーズクリミナルのPVの尺が長くなりすぎて、いっそのこと映画にしてしまった作品」という噂がありましたが、正にその通りだったのでしょうね。

 


ムーンウォーカー 予告編

 

公開前のプレビューで内容については全く触れられず「ジュリアン・レノンの前でマイケルがCome Togetherを歌うシーンが見所」とされていたので

 

「映画としては全く評価されない代物なんだろうなあ」

 

と恐れおののいていたのですが、マイケルファンの僕からすれば十分満足の行く映画でした (ちなみに同時上映の「星の王子ニューヨークに行く」は全く面白くなかったです)。まあこの辺の心理は「ジャニーズ系青春映画」を観に行くローティーンの女の子たちと、あまり変わりはないのでしょうけどね。はい。

 

それでこの映画のスタッフロールには、マイケルの曲ではなく、南アフリカのコーラスグループ「レディスミス・ブラック・マンバーゾ」の「The Moon Is Walking」が起用されているのですが、これがとても胸に染みるのです。

 


Michael Jackson Moonwalker Ending.wmv

 

あえてこの曲を持ってきたんでしょうね。

1988年。まだアパルトヘイトの解除前でした。

 

 

 「ムーンウォーカー」がゲームに

 

この映画が「マイケルジャクソンズ・ムーンウォーカー」として、1989年にアーケードゲームになりました。翌年にはメガドライブ版も発売と、なんだか凄い事になったのです。

僕も当然購入しましたが「敵を踊り倒す」という発想には口あんぐりでしたね。ちなみに当時、僕は何度やっても、最終面前の「BADステージ」で撃沈しておりましたので、今回動画でエンディングを観れて嬉しく思っています。

・・・って、こんなんで終わりなのかよ!

 


マイケルジャクソンズ ムーンウォーカー(MD) クリア動画

 

 「大スター、マイケルジャクソン主演の同名映画をもとに作られている。主人公はもちろんマイケル。華麗なダンスで敵を倒していくのだが、そのアクションは実物そっくりだ」

 

(ゲーム誌「メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」のレビューより)

 

 

www.koromaro.com

www.koromaro.com

 

TOP

スポンサーリンク