ころまろ☆辛口エンタメ塾

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【平成元年の今頃の話1】昭和が終わった日【ドラえもんの日常感】

スポンサーリンク

※ここは常に30年前の今頃の話をするカテゴリイです。

f:id:koromaro:20200228022625j:plain



30年前の今頃。つまり平成初日。僕は福島市在住の高校3年生でした。そして大学入試を目前にした芸大志望の受験生でもあったのです。

 

 

昭和が終わる

 

1989年の1月7日のは高校の始業式でした。その日は土曜日だったのですが、当時は週休2日制前夜でありまして、たとえ幕ノ内の土曜日であろうが関係なく、高校に行かなければいけなかったのです。

特に僕は出席日数が足りてませんでしたから『登校せずに受験勉強する』という選択肢はありませんでした。そんなわけで仕方なく起きてTVを点けますと…なんだかNHKのアナウンサーの様子が明らかにおかしいのです。

 

「宮内庁長官の会見があります」

 

宮内庁より何かしら重大な発表…それは当然「ゆずの弾き語りドームツアー」だったりするわけはなく「昭和天皇の身に何か重大な変化があった」という事に他ならなかったのです…というか、もうその時点で

 

「ああ、天皇がついに亡くなったんだな」

 

と、僕を含むほぼ全国民が理解していたと思います。前年秋から天皇の危篤情報が流れて続けていましたし、さらにはその上で、いつもの病状報告とは明らかに異なる『ただならぬ感』というのものは、もはや決定的な話なのだろうなと感じさせるものだったのです。

 

時間になると宮内庁長官が登場し、着座しました。そして案の定

 

「天皇陛下におかされましては、本日、吹上御所において崩御あらせられました」

 

と発表したのです。するとその瞬間、NHKのテレビ画面いっぱいに

 

「天皇陛下 崩御」

 

という文字が映し出され、これまでに聞いたこともないような、みょうちくりんなチャイムが鳴り響きました。

 


昭和64年1月7日7時55分・天皇陛下崩御

 

 

『そうか、天皇が死ぬことを崩御って言うんだな』

 

それを見て僕はそう思うのと同時に 

 

『高校の終わりになってまで、知らない言葉が出てくるなんて、日本語ってやっぱり難しい言語なんだな』

 

なんて妙なことが頭をよぎったことも覚えております。そんなわけで「昭和の終わり」というものは、この慌ただしくも忙しい受験生の新学期の朝に、なんだか「ふっと」やって来たのでありました。

 

新元号「平成」

 

半ドン(死語)で学校を終えた僕は、そのまま絵を習っていた画家のアトリエに行き、独りラジオを聴きながらデッサンを描いておりました。僕が呑気に高校に行っている間も、世の中はバタバタと動いていたようです。

2時半から新元号の発表があるとのことで、僕もデッサンを描きつつ、それなりに緊張してそれを待っておりました。そしてそこでラジオで新元号「平成」の発表を聴いたのです(だからあの小渕恵三の有名な発表シーンを生では視てなかったのですな)。

 


昭和64年1月7日・新元号平成

 

譲位である今回と違い、当時は新元号を話題にする事自体が『タブー中のタブー』でしたので、この「平成」という新元号はその時が本当に初出でした。そしてそれに対する僕の第一印象は

 

「なんだか間が抜けてるな」

 

だった事もよく覚えています。そしてこれも僕だけではなく、初めて『平成』という新元号を知った、多くの人に共通していた感覚だったと思いますね。

しかし僕らは、いささか間の抜けたその『平成』という新元号に、まさにあっという間に慣れていってしまったのです。これは本当に予想以上のスピードでした。そしてその反面、昭和という時代そのものが、あっという間に過去の出来事になっていったのです。

 

 

 

2人の昭和天皇論

 

週明けの高校では昭和天皇の追悼集会が行われました。会の始まる前に、僕の担任の左派系の数学教師が「会の意味を考えてちゃんと静かにしてろよ」などと、なんだか実にらしくない事を言ったので、それに対して少し失望したことなども印象に残っております。

 

追悼集会では校長が「2人の昭和天皇論」を語っておりました。当時は昭和天皇の戦争責任論議が再熱していた時期でもあり(やっぱり死んでしまったら議論はおしまいですからね)、そんな中で「終戦までの天皇と終戦以後の天皇を分けて考える」という思想が広まりを見せていたのです。僕はそれを聞きつつ

 

「もう本人が死んじゃったわけだし、ここら辺が落とし所なんだろうな」

 

と、わりと素直に感じてました。

 

ドラえもん

 

昭和天皇が亡くなったことで、TVは追悼番組一色になりました。コメント陣には「あまり偏りのない無難な人」が選ばれ(柔道の山下氏とか)、厳かな昭和振り返り番組が全チャンネルを支配しておりました。

でもその中で「天皇の戦争責任問題」というものが、あまり避けられず語られていたのは、結構意外なことでしたね。まあ話の結論的には「2人の天皇論」がよく用いられておりましたが、それでも逃げずにちゃんと議論していたのは、僕は良いことだと感じていました。

 

そしてそんな状況だったので、レンタルビデオ店が繁盛したことは言うまでもありません。この時は本当に一切のレギュラー番組が休止しましたからね。それは無理もないことでした。

 そして1週間近く続いた『TVのレギュラー放送の封印』を解いたのは「ドラえもん」でした。

 


ドラえもん-山野さと子 - ドラえもんのうた

 

これは東日本大震災の時も同様だったのですが…何というか、この作品の持つ「日常回帰感」というものは半端ないですね。きっと多くの子供達が(…いや、子供だけではないか)、ドラえもんのお陰で心の平穏を取り戻した事でしょう。

 

と言うわけで前回の改元話でした。一言で言えば、本当に淡々としてました

 

ですので「ゴールデンボンバーが改元当日に新元号ソングをリリースする」なんていう今回の改元とは、やはり隔世の感がありますな。うん。まあそういうのは悪くはないですけど。

 

www.koromaro.com

 

 

 

TOP

スポンサーリンク