ころまろ☆昭和45年男

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【吉祥寺のダニーボーイ】1989年の今頃の話7

スポンサーリンク

※ここは常に30年前の話をするスレッドです。

 

なぜか今更、僕の受験時代を超長文で振り返るお話ですね。

 

 

友人とアルタ前で再会

 

30年前のちょうど今ごろ、僕はムサビの試験のために上京しておりました。

先にデザイン系の試験を済ませた高校の友人と待ち合わせです。あの「笑っていいとも」のアルタ前で、高校の友人が自分を待っている・・・これがまた非日常な感じではありましたが、快晴の昼の新宿というものも悪くはないものです。

 

入り口付近で再会。がっちり握手。そのままアルタ地下の飲食店で会議とあいなりました。そこで友人は試験会場や実技試験内容、学科試験のレベル、大学周辺の様子など、実にためになる情報を教えてくれたのです。

 

これは有難かったというか、ほんと、まるで僕のために受験してくれたようなものだったのです。正に心の友です。まあ今となっては、そんな友人の名前を思い出すのに20秒くらいかかるわけですが・・・。

 

ムサビを下見

f:id:koromaro:20200228215213j:plain



「下見は絶対にしろよ」という友人と別れ、僕はその後、吉祥寺のホテルにチェックインしました。 ロビーでコーヒーを飲みながら各新聞に目を通しますと、リクルート事件はNTTルートに突入しているところでありました。

「NTT会長にも疑惑」という朝日新聞に対し、読売新聞は「NTT会長が不正を働く社員を一喝した」と書いてあったので妙に印象に残ってます。はい。

 

 

f:id:koromaro:20200228214507j:plain

 

その後、ムサビの下見に行ったわけですが、僕は西武国分寺線に衝撃を受けました。その時の僕は「基本山手線、応用中央線」でしたから「電車なんて5分もすればすぐ来るのがテクノポリス東京」という感覚でいたのです。ですので油断すると30分も間隔が開く国分寺線というのは、全く想定外の存在でした。飯坂電車かよという。

しかも下車駅の鷹の台駅からムサビまでがかなり遠いという・・・ちょっとした遠足とは言い過ぎですが、とりあえず下見して良かったと友人に心から感謝しました。

 

 

吉祥寺のダニーボーイ

 

吉祥寺のホテルに戻り、すぐ外出してアーケード街へ繰り出しました。お茶の香りが充満していて、なんとも悪くない雰囲気です。エドワードホッパー的都市感。そして井の頭公園。アンドリューワイエス的夕闇。消えていく今日の日・・・

 

「そういや『ノルウェイの森』に出てきた美大生伊東は吉祥寺に住んでいたな」

 

そんなわけで・・・僕は吉祥寺の雰囲気にやられてしまっていたというか、かなり感傷的な気持ちになっていたのです。一体僕は試験目前に何をしているのでしょう。どんなロマンチストなんだろうって話ですね。

 

そしてそんな感傷的な思いを決定的にしたのは、その夜、ホテルのバータイム (現役高校生がふらりと立ち寄っても許された時代) のピアノ演奏で、不意に「ダニーボーイ(ロンドンデリーの歌)」が流れたことでした。

 


AGFブレンディCM 80年代

 

この曲は当時、エドワードホッパーをモチーフにしたAGFのCMでも印象的に用いられておりまして、僕はそれがとても好きだったのです。さらにこの曲は、当時心の底からハマっていた村上春樹の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」において、実に重要なシーンで用いられていた曲だったのですね。ですので当時の僕にとっては、この曲が自分自身のテーマ曲のような気持でいたのですよ。

 

f:id:koromaro:20200115120528j:plain

 

僕はピアニストのドレスの背中を眺めつつ、血のように濃いグラスワインを傾けながら、自分の中に情熱の炎が灯るのを感じておりました。「いよいよだな・・・」。そんな感じで吉祥寺の夜はふけていったのです。

 

イカ天第二回

f:id:koromaro:20200228214708j:plain

 

眠れぬ夜。ホテルでTVを点けますと、真夜中になんだか騒がしい番組をやっているのです。それは「平成名物テレビ 三宅裕司のいかすバンド天国」というものでした。それは

 

「先週の第一回の生放送で落選バンドの女性ボーカルがパンツを脱いでしまった」

 

という、今では考えられないような番組だったのです。そして僕はそこに出演していたある人物に目が留まりました。

 

「ひょっとして小原靖子?」

f:id:koromaro:20200228214743j:plain

 

売れないアイドル小原靖子にそっくりなショートカットの騒がしい女。その女は自分の事を「ボク」と呼び「相原勇」と名乗っていたのです。

そんな変な番組がまさかその後大ブームになり、そして僕自身が完全にハマる事になろうとは、その時は思いもしませんでした。

 

www.koromaro.com

www.koromaro.com

 

TOP