コロマリズム

売れない彫刻家のサブカル自慢話

【東京ローカルなもの】令和元年に語る平成元年の今頃の話6

スポンサーリンク

※ここは常に30年前の話をするスレッドです

f:id:koromaro:20200322020707j:plain

 

『ローカル』という言葉には『地方』のイメージが強くしみついているものですが、しかしながら1989年のバブル絶頂期に福島から上京した直後の僕は


『東京にもローカルなものが結構あるんだなあ』


と、しょっちゅう思っていたものです。ではそういうものをいくつか挙げていきましょう。

 

 

 

ヨドバシカメラ

 

♪まーるいみどりのやまてせん♪

 

福島時代の頃は『強引に受信していたニッポン放送』のラジオCMでしか聴いたことのなかったCMソングです。

 

そんなわけで本格的に上京した僕はTVとビデオと冷蔵庫とトースターを買いにヨドバシカメラに行きました(徒歩10分くらいで行けてしまうのが恐ろしい)。

 

『新宿西口の駅の前に、どれほどデカいヨドバシビルが立っているのだろう』

 

と思っていた僕ですが、あまりに小さく雑然とした店構えに「もしやこれだけ?」と、とてもがっかりしたことを覚えております。そもそも駅の前じゃないし。

 

f:id:koromaro:20200322020840j:plain

 

当時は『写ルンです』が全盛期であり、一階のカメラ売り場には恐ろしいほどの人がいました。二階のTVビデオ売り場では、再結成したサディスティックミカバンドのプロモーション映像が延々と流れており、桐島かれんが跳ね回っておりました。

 

 

 

まだまだビデオは高価な時代でしたが、とびぬけて安い品物が2つありまして、僕がどちらにしようかと悩んでいますと

 

「こっちは外国製(三星)だからこっちがいいよ」

 

と薦めてくれたのが「FUNAI」のビデオデッキでした。

 

直ぐに見たいので、ビデオとテレビ(14インチ)は持ち帰りにした僕は(ビル街をテレビの箱を担いで歩く18歳)、家でつないだTVで初めて、あの有名なヨドバシカメラのCMを視たのでした。

そして当然、そのCMのクオリティに「これはひどい」と、がっかりした僕でした。はい。

 

 

吉野家初台店

 

f:id:koromaro:20200322021101j:plain

 

ぎゅーどんひとすじ80年♪ 

当時の価格は370円。価格は今もほぼ変わりませんが(!)、少なくとも一筋ではなくなったし、年月も120年となったわけです。

 

それで平成元年当時、福島には吉野家がありませんでしたので、僕は上京までこの有名なCMソングを「キン肉マン」でしか知らなかったわけです。

そもそも『ソースカツどん』がソウルフーズの福島では『牛丼』そのものになじみがなく、僕自身、この時まで牛丼を食べたことはありませんでした。

そんなわけで新宿の住まいのすぐ近くに吉野家があるという事実を知って、なかなか胸が躍ったわけなのです。

しかしながら・・・ヘタレな僕は「牛丼を食べに行く」という行為がどうしてもできなかったのでした(謎)。なおかつ持ち帰りを頼むこともできなかったので(!)、家に遊びに来た友人たちに、泊める代わりに買ってきてもらっていたのですな(もちろんお代は払うよ)。

なんでそんなに苦手だったのか・・・今となっては解らないのですが・・・まあ初めて食べた牛丼はほんとに美味しかったですよ。うん。

 

さらにはその後もヘタレ状態は続き、「じゃんけんパシリ決め」でも絶対に負けないように『友人たちのじゃんけんパターンを日記にメモっておく』というね・・・その人間性がもう最低なわけです。

 


菅田将暉 吉野家CM「築地一号店物語」8話まとめ

 

そんなわけで、結局、初台の吉野家に実際に行くことはなかった僕でした。それで当時は『吉野家の一号店は初台店』と言われていて、僕もそれを信じていたのですが、本当は築地店だったのですね。菅田将暉のCMを観てびっくりしました。はい。

 

 

文明堂

f:id:koromaro:20200322021448j:plain

 

♪カステラ1ばん でんわは2ばん♪

はじめて見た際には「なんなんだこれは?」と思ったCMです。「なんで電話が2番なんだ?」と。

 


懐かしいCM 文明堂 カステラ 「文明堂豆劇場」

 

 

理由は以下 Wikipediaから引用

 

人形が歌う「電話は二番」というフレーズだが、これは、文明堂の加入者番号が0002番だからで、当時の電話交換機は交換台を経由する時代であったため、交換手に局の名前と2番(例として赤坂局の2番)と告げれば文明堂に繋げた事から1937年(昭和12年)に文明堂が電話帳の裏に載せていた「カステラは一番、電話は二番」というキャッチフレーズに由来する。

 

引用終わり

 

 

伊東ハトヤ ホテル紅葉

 


懐かしいCM 伊東温泉 「ハトヤホテル & サンハトヤ」 新・海底温泉

 

♪むかしむかしうらしまは~はとやのかめに~♪

 


ホテル紅葉CM


♪びわこお~んせ~ん ほてるこ~よ~う♪

 

これらも上京して初めて見たCMでした。

福島時代も深夜のCMと言えば観光ホテルのCMでしたので、東京も変わらないんだなあと思いましたね。

 

そういや僕は毎夏、南伊豆に行くのですが、その道中で朝日に照らされた『サンハトヤ』が見えてきますと、ついつい、

♪むかし~むかし~

と脳内リピートしてしまいます。はい。

 


TOP