ころまろ☆昭和45年男

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

『イカ天バンドその2』令和元年に語る平成元年の今頃の話17

スポンサーリンク

※ここは常に30年前の話をするスレッドです

 

今から30年前の平成元年の今頃は「アマチュアバンドブーム」が真っ盛りで、土曜深夜にTBSがオンエアしていた「いかすバンド天国」という「バンドの勝ち抜き番組」が大人気でした。

 

というわけで、『イカ天バンドその2』です。

 

 

 

突撃ダンスホール

 

f:id:koromaro:20200328211123j:plain

 

「イカ天の曲で今でも聞いている曲があるか?」と聞かれると、それがあまり無いというのは、まあ盛者必衰的に、そして流行り廃り的に当たり前の話なのですな。

それでも僕にはそういう曲が3曲ありまして、それは

 

「幸せであるように(フライングキッズ)」
「ミッドナイトシアター(マルコシアスバンプ)」
「メリーゴーランド(突撃ダンスホール)」

 

なのであります。

 


メリーゴーランドより愛を込めて

 

「メリーゴーランド」は、突撃ダンスホールがイカ天キングとして二週目に演奏した曲で、実は彼らの敗北曲でもあるのですが(演奏が下手過ぎた)、なんかこのメロディアスなロマンティックさ加減には、30年という時を経た今でも心を奪われるものがあります。

 

♪追いかけて~追いかけて~あきらめはしないさ~♪

 

というサビで、タイトルが「メリーゴーランド(より愛をこめて)」ですからね。ボーカルの本業は牧師さんとのことですが、そういうものも歌詞の世界観に影響しているのかもしれないですね。

 

 

ダイヤモンズ

f:id:koromaro:20200328211557j:plain

 

 

突撃ダンスホールを破ってイカ天キングになった人たちですが、とにかく彼らは演奏が滅茶苦茶上手いのです。それこそ一緒に登場したほかのバンドが戦意喪失するレヴェルですね。僕もびっくりしました。

 

 


ダイヤモンズ-Without You 1989

 

しかしうまいんだけど・・・古い。曲も詩もファッションもどうしようもなく古いのです。80年代末期に70年代の和製ロックを、リバイバルという感じではなく本気でやっているわけです。

 

だから僕は「この人たちどうしてこんなにレトロなの?」と思っていたわけですが・・・実はボーカルの鴨下氏はとっくにデビュー経験ありで、それどころか音楽プロデューサーの過去もあったとのこと。どうりで上手くて古いわけだと。

 

 

大島渚

f:id:koromaro:20200328211954j:plain

 

「みうらじゅん」というと、僕が最初に彼を知ったときは「ムサビ出身の同棲評論家」だったのですね。そんな彼は当時「ザ・テレビジョン」に連載を持っていたのですが、その中で

 

「一番カッコいい職業がミュージシャンで二番目が絵描き」
「イカ天にどうしても出たいのでみんなでバンドを組んだ」
「ベースの喜国が立って演奏した感動はクララ並だった」
「他のバンドと違って金はあるが時間がない」

 

などと書いていたのです。ですので僕は彼等の夢が叶うのか、結構気にして読んでおりました。

 


大島渚-カリフォルニアの青いバカ 1989

 

ですので、そんな彼らが 「朝生」のスターである「大島渚(バカヤロッ)」を名乗ってイカ天に登場した際には、なかなか結構な感動がありました。そしてやっぱり解っているというか・・・カッコよかったですね。うん。

 

 

宮尾すすむと日本の社長

 

f:id:koromaro:20200328212029j:plain

 

キーボードが「宮尾君」だったという理由だけでつけられたバンド名ですが、実は宮尾すすむ本人の了解をちゃんととっていたバンドです(好物のメロンを貢いだ)。

 


いか天「完全」完奏版 1989 7

 

全員が早稲田(当時の早稲田だからかなりのもんだね)に在学中のファンクバンドで、コミックバンド的にふざけているようで、実はなかなかの実力派バンドでした。そして個人的に思い入れが深い要因になったのは

 

「ボーカルが自分の父親の若い頃にそっくりだった」

 

という事実であります(姉貴にこのバンドを見せたら爆笑しておりました)。

思えば「宮尾すすむ」も福島のレジェンド(イブニングふくしまイメージキャラクター)でしたので、何だか妙に故郷愁を感じるバンドでした。

 

 

NORMA JEAN

 

f:id:koromaro:20200328212123j:plain

 

 

イカ天のNo1ガールズバンドで、イカ天キングとして4週勝ち抜いた実力派でもあります。

 


NORMA JEAN 「No Pains No Gains」 イカ天

 

プロレスファンのボーカルの名前が「ダイナマイトマリ」であり、それに対して審査員のラッシャー木村が(苦戦を続ける彼女達に)

 

「耐えて燃えろ!」

 

と激していたのは懐かしい思い出です。翌年メジャーデビューしましたが、思ったほどは売れなかったですね。

 

BIGIN

f:id:koromaro:20200328212311j:plain

一緒に視ていた友達(ジムモリソン男)が、

「これって松田聖子のパクリじゃね?」


と言ったので「???」となりましましたが、たしかに


♪Don't kiss me baby we can never be.
♪恋しくて~ 泣き出した~



って、全く同じですね。はい。

 


懐かし イカ天 恋しくて/BEGIN アマチュアバンドコンテスト1989年~

 

 


松田聖子 SWEET MEMORIES

 

 

そんなわけで、彼らがNORMA JEANのグランドイカ天キングを阻んだわけですが、その事実もさることながら、彼らがキングになった週から「勝利者賞」が超豪華になったのですね。うん。だから余計にNORMA JEANが可哀想になった記憶があります。はい。

というわけで、今日はここまで。

 

www.koromaro.com

www.koromaro.com

 

TOP