ころまろ☆辛口エンタメ塾

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

紅白を落選した岡崎体育に学ぶ「ぽっちゃり隠し」

スポンサーリンク

毎回色々と面白い事をやってくれる岡崎体育さんのお話です。コミカルな面に注目が行きがちな人ですが、音楽関係者にはその才能を絶賛されている人でもあります。

目次

 

紅白落選予想が・・・

大晦日の風物詩「NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表されましたね。なんだか今年もいよいよだなあと思わされる時期になってきました。

コロマロは「紅白評論家」を自称するほど昔から紅白派でありまして、実は今回、仲間内のSNSで「紅白落選予想」なんて意地悪なこともやっていたのです。それでその予想においてコロマロは

「純烈」「Suchmos」「いきものがかり」「三山ひろし」「関ジャニ∞」「TWICE」「丘みどり」「AKB48」

などを落選候補に挙げていたのですが・・・結局「Suchmos」しか落ちなかったという話なのですな。うーん、実際問題、評論家返上だなこれは・・・本番に向け反省して精進しますね(何を?)。

岡崎体育さんの「留学生」

f:id:koromaro:20191115202544j:plain

©2019コロマロ

今回、「NHKから特に何の事前連絡もないけど紅白出場できますように!!!!!」と、紅白への熱い思いを表明しながらも、残念ながら落選してしまったのが岡崎体育さんです。落選発覚後はすかさず「出られへんのかーい!!!^_^」とツイートされておりました。

 

www.j-cast.com

 

でも落選してしまったとはいえ、この「自称邦楽評論家」でもある私コロマロが、今年一番評価し、そして一番聴いたアーティストというのは、この岡崎体育さんなんですね。

特に彼が今年「Monkey Majik」とコラボでリリースした「留学生」という曲が良かったです。この曲は英語と日本語のダブルミーニングが売りありまして、英語チックな日本語歌詞が「海外に行った日本人留学生あるある」を実に巧みに表現しているという、岡崎体育らしさ全開の面白い曲なのでした。

 

skream.jp

 

 そして歌詞だけではなくグルーブ感あふれる曲も素晴らしかったです。最近のJポップは「AメロBメロが適当なパッチーワークのような曲」が多いのですが、岡崎さんの曲は(面白い歌詞に隠れがちですが)全体がとても丁寧に作られており、それゆえ大変心地よく聞くことが出来るのです。

プルオーバーパーカー

岡崎さんと言えば「プルオーバーパーカー」姿が代名詞のようになっており、実際にとてもよく似合っております。オリジナルアルバム「BASIN TECHNO」のロゴ入りパーカーも実にカッコいいですね。


そしてこのプルオーバーパーカーというものは、いわゆる「デブ隠し」にもってこいのアイテムなのでありました。お腹の部分の大きなポケットがポイントで、ここに両手を入れれば、うっかり出っ張ってきてしまったお腹を上手くカモフラージできるのです。

僕も3着ほど持っています・・・って、ごまかし術を極めても仕方ありませんよね(苦笑)。今後もダイエットライフを頑張ります!

 

TOPに戻る

 

スポンサーリンク