コロマリズム サブカルチャー&ダイエット

ダイエッター&スカラプターのコロマロです。この雑記系ブログで、芸能ネタやダイエットや自慢話を語りながら、彫刻しつつ、皆さんのお越しをお待ちしております。ちなみにアルバルク東京のファンであったりします。

スポンサーリンク

【邦楽限定】平成の名曲ベスト15【心に残るヒット曲】はじめに

平成の30年間を振り返り、心に残った楽曲ベスト15を、おのおのの世相とともに紹介致します。

 

目次

 

平成が終わり令和が始まった2019年

 

2019年もいよいよ師走です。

今年の最大のニュースと言えば・・・それは30年にわたった「平成」という時代が終わり、「令和」という新たな時代が幕を開けた事でしょう。やはりこれに代わるものは無いなと思っています。

 

元号が変わる「改元」というもの。それは一生のうちで何度も遭遇するものではありません。ですので、今回、私たちが大きな時代の節目に立ち会ったのは、大変に貴重な出来事であると思いますし、さらにはそうであるからこそ、これからの私たちの暮らしというものに、この共通経験が何かしらの影響を与えてくれるのかもしれないなと・・・そんな風に思っています。

 

f:id:koromaro:20191030201816j:plain

©2019コロマロ

 

思い出のシーンにはいつも音楽があった


1970年生まれのコロマロにとって、平成の30年間というものは、そのまますっぽりと自分自身の人生の充実期と重なっているのです。

 

上京、進学、就職、結婚、子供の誕生・・・それらはすべて平成の出来事であり、それぞれが本当にかけがえのない経験でした。そしてそんな多くの忘れられないシーンには、それを彩った音楽というものが常に共にあったような気がしています。

 

 

Amazon 収録32曲が全てがミリオンセラーというモンスターベストアルバム

 

 

 そんなわけで、今回「コロマロが個人的に選んだ平成の名曲 BEST15」というものを、おのおのの世相&オリジナルイラストとともに、カウントダウン形式で順番に紹介させて頂くことにしました。

元号という事で、今回紹介するのは全て邦楽曲になります。さあ果たして一体どんな15曲が選ばれるのか? そしてベスト3は? 1位はどのアーティストのどの曲になるのか? 皆様もぜひ予想して楽しんでくださいね。

 

そして各曲を思い出すにあたり、皆さんそれぞれの平成の思い出というものを、少しでもクリアに思い出していただけたら、それは本当に素敵なことだとコロマルは思っております。

平成の邦楽の大まかな流れ

 

 平成元年~2年   バンドブーム イカ天ブーム

平成2年~4年  200万枚越えのメガヒットが連発

平成5年~6年  カラオケの流行 ビーイングブーム

平成7年~9年  小室サウンド全盛期 

平成10年~14年 宇多田ヒカル登場 歌姫ブーム

平成15年~19年 ジャニーズ好調期 

平成20年~21年  EXILEブーム エイベックス好調

平成22年~29年 AKBブレイク グループアイドル期

平成30年~   米津玄師登場

平成の邦楽の主な記録

 

「とんぼ」長渕剛 初のミリオンセラーシングル

 「ダイヤモンド」プリンセスプリンセス CD媒体初のミリオン

 「Delight Slight Light KISS」松任谷由実 アルバム初のミリオン

 

「世界に一つだけの花」SMAP シングル売り上げNo1

「First Love」宇多田ヒカル アルバム売上No1

 

「B'z」  アーティスト別売り上げNo1

 

では15位の発表です!

 

TOP