ころまろ☆辛口エンタメ塾

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【グランメゾン★東京】最終回を「あらすじ」と「次回予告」から予想

スポンサーリンク

コロマルがすっかりはまってしまっているドラマ【日曜劇場 グランメゾン★東京】の最終回予想です。このドラマを視ていない人にはさっぱりわからない話でしょうが、ここはどうかご容赦ください。

 

f:id:koromaro:20191225205905j:plain

©2019コロマロ

 

もくじ

 

 

公式のあらすじ

 

以下、公式ページから引用


【ミシュランの審査が近づき、グランメゾン東京の新メニュー開発は大詰めを迎えていた。そんな中、フレンチにとって禁断の食材であるマグロ料理に挑んでいる尾花(木村拓哉)を見て、倫子(鈴木京香)は不安になる。そして、二人は口論の末、尾花はスーシェフを辞めると告げる。そして、倫子も魚料理を作り、おいしいほうをメニューとして採用するように提案する。 

一方、丹後(尾上菊之助)がいなくなった「gaku」では、新しいシェフ・結月(馬場徹)の傍若無人な振る舞いで店はボロボロになっていた。そして、ある事件が起きる。

 

そんな中迎えた、ミシュランの審査。
はたして、グランメゾン東京は三つ星を獲得することができるのか!?】

 

以上、引用終わり。


というわけで、なかなか興味深い内容になっています。これに予告編の映像も加味して、自称『グランメゾンマニア』のコロマロが、気になる最終回を立場ごとに予想してみました。ではさっそく行ってみましょう!

 

 

gaku編

 
おフランス帰りの「チャラ男シェフ」結月。傍若無人な振る舞いに耐えかねた柿谷が彼を殴ってしまい、ミシュランの審査を前にgakuは滅茶苦茶になってしまいます。困り果てた江藤オーナー は(日曜劇場伝統の)土下座で 丹後シェフ に復帰を懇願します。

 

しかしそれを無視して立ち去る丹後シェフ。その後、ふとグランメゾン東京に立ち寄った際、そこで一生懸命に働く平古祥平(玉森裕太) たちの姿に触れ、彼は仲間の大切さというものに初めて気が付きます。丹後はその足でgakuに復帰し、そのままミシュランの審査に突入。結果、星2つをキープ。江藤オーナーは安堵の号泣です。

 

 

 

平古祥平編

 

尾花がグランメゾン東京を抜けたことにより、リンダ は憑き物が落ちたかのように祥平に対する興味を失います。そんな中、美優のオヤジさんが不正で失脚してしまいます。家を飛び出してきた美憂とまた一緒に暮らし始める祥平。

めでたしめでたし。

 

 

グランメゾン★東京編

 

丹後や祥平の怒涛の展開に押されて、なんだかちょっと影が薄い主人公尾花。

魚料理を巡っての倫子との衝突やリンダの存在やらで、遂に尾花はグランメゾン東京を去る事になります。

でもそれは、倫子シェフの独り立ちや「ナッツ混入事件」の呪縛に苦しむ祥平の事を思っての事でした。尾花は倫子シェフの晴れ舞台を見届け渡仏。混入事件の濡れ衣が晴れたことにより、尾花はフランス料理界に復帰できるようになったのです。これはある意味、リンダのおかげでした。

山下達郎【レシピ 】が流れ、舞台は2年後の2022年になります。グランメゾン★東京では倫子シェフと京野さんは結婚している雰囲気です。すると厨房に『フランスで尾花さんがミシュランの星3つを獲得したっすよ!』と芹田スーシェフが大騒ぎで飛び込んできます。松井も久住もみんな驚き大喜び。スマホ画面の中にはトロフィーを掲げる尾花の姿。これでドラマに幕が下ります。

 

 

グラグラメゾン❤東京編


祥平が柿谷に恋愛でも料理でも圧勝して終了(柿谷は胡桃にビンタされる)。後輩二人とバーのマスターが二人を祝福。一方、松井は芹田となんとなくいい感じに。最後にフランス行き直前の尾花が登場して、祥平に何か言葉を残しジエンド。

 

※2019年12月27日追記
公式HPのアナウンスによると、グラグラメゾン最終回の設定は「数年後」との事。どうやら予想を上回る超展開になりそうですね。

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


という感じに予想してみましたが、果たして実際はどうでしょうか?日曜日の本放送が今から楽しみです。

↓今(2019年12月)なら「Paravi」で「グランメゾン東京」も「グラグラメゾン東京」も全話無料体験期間内で視ることが出来ます↓

 

       

 

 TOP

 

スポンサーリンク