コロマリズム サブカルチャー&ダイエット

ダイエッター&スカラプターのコロマロです。この雑記系ブログで、芸能ネタやダイエットや自慢話を語りながら、彫刻しつつ、皆さんのお越しをお待ちしております。ちなみにアルバルク東京のファンであったりします。

スポンサーリンク

続編希望『グランメゾン★東京』 反省会!最終回の感想「一番高いワインやないかい!」

そういうわけでコロマロが久々にハマってしまったドラマ『グランメゾン東京』の反省会であります。御覧になっていない方にとっては何が何だかでしょうが、どうかお付き合い宜しくお願いします。

 

f:id:koromaro:20191230160025j:plain

「一番高いワインやないかい!」

 

  

ドラマ全体


「かつて夢に破れた料理界隈の人々が、改めて『ミシュラン三ツ星』という夢を目指す」という「中年の青春ふたたび」という感じのお話ですね。毎週異なる料理が主題となっていて、そのたびに仲間が集まり問題が解決していくという、まさに料理物の王道ストーリーでした。

力を入れたという料理シーンの素晴らしさは言うまでもなく、キャスティングも素晴らしかったですね。とくに物語のキーマンだった『平古祥平』役の玉森裕太さんは、スピンオフドラマの『グラグラメゾン東京』も含めて、素晴らしい演じぶりだったように感じました。

そしてドラマ全体としてみれば、多少中だるみがあったり(7話)、とってつけたような最終回が、正直いまいちだったりもしましたが(特に話の流れ的にGakuに2つ星をあげるべきだった)、終わってみれば、まさに「王道のサクセスストーリー」という感じで良かったかなと思っています。

 

キムタク


主役の『尾花夏樹』を演じたのは大スターの木村拓哉さん。実はコロマロが木村さんの連続ドラマを視るのは今回が初めてなのです(広い日本にはこんなやつもいるのです)。

木村さんのドラマというと『何を演じてもキムタク』という評価が定番ですが、コロマロも今回それは実感しました。でもそれは悪い意味ではなく、『やっぱりキムタクは当代一のスターなんだな』というものでしたね。さすがだなと思いました。

あとドラマ内で意外とオジサン扱いされているのにも驚きました。恋愛要素も抑えめで、やはりアラフィフを迎えイメージチェンジを図っているのでしょうね。

 

鈴木京香さん 沢村一樹さん


『倫子』役の鈴木京香さんは、その品のある雰囲気がシェフ役にぴったりでした。実年齢も主演の木村さんより上なので、大人の女性感が自然に漂っていましたね。ご本人は現場で「京香姉さん」と呼ばれるのは嫌がったそうですが(笑)。

『京野』役の沢村さんについては・・・実はコロマロは大昔、無名時代の沢村さんと一緒に飲食店で仕事をしていた事があるのです。沢村さんがホール係のトップでコロマロが下っ端でした。ですので『京野』が『芹田』(寛一郎さん)を慰めているシーンなんか見ると、当時の出来事が蘇り、なんとも懐かしい気持ちになりました。そんな沢村さんの存在は、コロマロがこのドラマにハマる事となった大きな要因でもありました。

 

玉森裕太さん

 

f:id:koromaro:20191230151549j:plain


ジャニーズグループの『Kis-My-Ft2』のメンバーとの事ですが、正直、今までお名前を知りませんでした。今回、初めて玉森さんをちゃんと知って、その繊細な存在感に心奪われましたね。世代的には『グラグラメゾン東京』の元ネタである『東京ラブストーリー』のカンチ役をやってほしいなと思いました(もちろん現代版リメイクでです)。

あとは恋愛要素薄めの今作において、いわゆるヒロインは彼の演じる『平古祥平』だったんだなあと思いました。ツイッターにも書きましたがこんな感じですね。

尾花=ツンデレ愛
丹後=真摯な愛
京野=見守る愛
芹田=憧れ

リンダ=恋敵

柿谷=意地悪な同姓

 

Gaku

 

『丹後シェフ』役の尾上菊之助さんは歌舞伎役者さん(現在、歌舞伎の舞台でナウシカ役もやってます)です。

正直最初は「なんか一人だけ場違いというか・・・ちょっと気味が悪いな」なんて失礼なことを思ってしまったのです。しかしながら回を重ねごとに、その立ち振る舞いの素晴らしさに魅了されるようになっていきましたね。『尾花』のライバルである『丹後』という役柄もなかなかカッコよかったです。

あと丹後のタッチコミュニケーションの距離の近さが印象に残りましたね。ほんと「ガツッと肩を組んで話しかける顔の距離の短さ」というものには、「歌舞伎役者さんだけにアレやコレやあるのかな」というような、余計な感情が沸いてしまいました。

 

江藤オーナー

 

前にも触れましたが、コロマロはもうすっかり『ウニおじさん』こと『江藤オーナー』(手塚とおるさん)のファンです。スピンオフドラマの『グラグラメゾン東京』での『恋バナ好きのお節介なおっちゃん』キャラも最高でした。


あとは日曜劇場的に必ずあるだろうなと思った「江藤オーナーの土下座」でしたが、これがジビエ漁師の峰岸(石丸幹二さん)に対してであったのは意外でした。考えてみればこれは両者が出演していた『半沢直樹』に対するオマージュなんでしょうね。

 

グラグラメゾン❤東京


良い終わり方だったと思います。そして峰岸の奥さん(椿鬼奴さん)とちゃっかり意気投合している江藤オーナーには爆笑しました。

↓今(2019年12月)なら「Paravi」で「グランメゾン東京」も「グラグラメゾン東京」も全話無料体験期間内で視ることが出来ます↓

 

       

 
そんなわけ『グランメゾン★東京』。偶然3話の再放送に遭遇したことから視はじめたのですが、出会って良かったなと心から思えたドラマでした。コロマロも心の底から「特別編」や「続編」を望んでおります。はい。

おしまい。

TOP