コロマリズム サブカルチャー&ダイエット

ダイエッター&スカラプターのコロマロです。この雑記系ブログで、芸能ネタやダイエットや自慢話を語りながら、彫刻しつつ、皆さんのお越しをお待ちしております。ちなみにアルバルク東京のファンであったりします。

スポンサーリンク

2019NHK紅白歌合戦【全曲プレビュー】見所紹介 後半編

大晦日の風物詩である「NKH紅白歌合戦」。いよいよ本日放送です。そんなわけで「自称紅白評論家」のコロマロがお送りする「全曲プレビュー 一気出し」の後半戦です。※敬称略※

f:id:koromaro:20191231100506j:plain

 

後半戦

 
もくじ

 

 24. Little Glee Monster「ECHO」

向かって左端のパワフルなお姉ちゃん以外、みんな性格悪そうなところが緊張感があっていい。

 

 25. DA PUMP「DA PUMP ~ONE TEAMメドレー~」

「U.S.A」の後に満を持して出した「桜(ふぁびゅらあ~す)」が見事にスベリ、失速もやむなしだったが、開き直って思いっきり「U,S.A」テイストにした「P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜」で持ち直した感じがある。去年に比べてISSAが少し老けた印象。そしてピンクさんは相変わらず笑っている。

 

 26. Official髭男dism「Pretender」

いやあ正直、このバンドは好きじゃないんだよねえ。やたら変なバンド名のわりに、歌詞とかかなりイノセントだし・・・

 

 27. 欅坂46「不協和音」

 またぶっ倒れる予定。

 

 28. 水森かおり「高遠 さくら路 ~イリュージョンスペシャル~」

橋本アリオの営業で見かけたけど、熱狂的な追っかけのおっちゃんが凄かった。でもそんなに人数がいる訳でもないので、おそらく彼女は少ない「太客」を大事にするタイプなんだろうなあと感じた。あとは毎回派手な衣装(セット?)はもはや楽しみでもあるね。やっぱり紅白はド派手でなんぼだろうと。

 

 29. King & Prince「King & Prince ~紅白スペシャルメドレー~」

 「センターだけイケメン」だとウチの娘が申しております。

 

 

 30. 三山ひろし「望郷山河 ~第3回 けん玉世界記録への道~」

 初年度の「どうせ世界記録達成するんだろ→まさかの序盤失敗→その後の微妙な空気」は最高だったし、昨年の「DJ KOOも含めもう誰も失敗できない緊張感→三山ひろしのドヤ顔→謎の感動」も素晴らしかった。そんなわけで今年は「用済みで三山紅白落選」かと思いきや・・・まさかの三回目。皆様も今からDAISOでけん玉を購入して、TVの前で緊張して待つべし。

 

 31. 「夢を歌おう」特別企画 YOSHIKI feat.KISS<YOSHIKISS>「Rock And Roll All Nite -YOSHIKISS version.-」

 

うーん・・・うーん・・・「YOSHIKISS」というのがまた。

 

32. 椎名林檎「人生は夢だらけ~お願いガッテン篇~」

曲が期待しないがカッコいい演出は楽しみ。

 

33. AI美空ひばり「あれから」

 前も書いたが、(歌はともかく)あのレヴェルの低い気持ち悪いCGは絶対にやめた方がいい。おそらく感動ゴリ押し路線で来るだろうが、視聴者側の多くはあのCGひばりに対して微妙な空気になること必至。あとAIを謳っている割に、実はあんまりAI要素はないというのが正直な感想。

 

34. 関ジャニ∞「関ジャニ∞ 前向きにきばってこーぜ!OSAKAメドレー」

去年も一人減り、今年も一人減り・・・

 

35. 乃木坂46「シンクロニシティ」

 去年の曲だろうと。

 

36. 星野源「Same Thing」

 この曲は英語歌詞の曲なんだよね。紅白でそれはないと思う。ここはひとつ、名曲すぎる「POP VIRUS」にしてほしかったなあ。 ♪刻む 一拍の永遠を~♪

 

37. Perfume「FUSION - 紅白Ver. -」

おそらく「AI美空ひばり」よりも遥かにハイテクな事を、誰にも気付かれず行う事だろう。ファンなのでそれが楽しみ。

 

38. 「夢を歌おう」特別企画 ビートたけし「浅草キッド」 

 あの大スターが「老害の象徴」のようになってしまっているのは残念。そして「浅草キッド」と言えば、相棒の「ビートきよし」が必須だと思うのだが・・・もう「ビートきよし」を知らない人も多いだろうねえ。

 

39. 石川さゆり「津軽海峡・冬景色」 

 今年はこっちの曲。

そういえば作詞した阿久悠は(作詞した時点で)津軽海峡に行った事が無かったという。さらには「津軽海峡」と「冬景色」の間に「・」を入れた記憶はないとも本人がコメントしているのだ。

 

40. RADWIMPS「天気の子 紅白スペシャル」

 彼等についてはまた後日、少し語ることがあるのだけれど・・・それはさておき・・・・「愛にできることはまだあるかい」はイノセントすぎて、映像でも付いてないと聞くにはかなり厳しい曲。だから「天気の子」とのコラボは正解だと思う。しかし「天気の子」ってのも、かなりビミョーな映画だったなと。

 

41. Superfly「フレア」

 おまえはそれでいいや。

 

42. 菅田将暉「まちがいさがし」

 コロマロの長女が友人と初めて原宿に行ったら、彼がサプライズで登場したらしく竹下通りは大混乱。友人とはぐれてしまい、さらには教育方針でスマホも持たせていないので、なかなか大変なことになってしまった。だから正直、彼の印象は悪いのだけど・・・実は顔が何となく(長女に厳しい)次女に似ている。。

 

43. 竹内まりや×第70回紅白「未来へつなぐ命のメッセージ」特別企画 竹内まりや「いのちの歌」 

 ここだけのはなし・・・リアルタイム派からすると正直「この扱いを受けるほどの大物ではないだろう?」という感覚もあったりする。まあ本物の大物のタツローがひっそりバンドに混ざっていたりしたら面白いけど。

 

44. いきものがかり「風が吹いている」

 今年は「逆風が吹いている」という感じで、紅白は出れないかと思っていた。あとはメンバー全員が太ってしまったので、その辺もかなりの注目・・・って、ひとごとじゃないよう。

 

45. ゆず「紅白SPメドレー 2019-2020」

 「栄光の架橋→夏色」。コロマロは前々から彼等を「限りなく一発屋に近い二発屋」だと思ている。まあだから悪いというわけでもないんだけど。

 

46. NHK2020ソング 嵐「カイト」 

新たな「俺様劇場」の形ですな。

 

47. 「夢を歌おう」特別企画 松任谷由実「ノーサイド」 

 「口パク」とまではいわないが「かぶせ」くらいはやってもOK 。正直、生歌は大事故の危険性をはらんでいると思う。あとは来年あたり、歌えるうちに紅白での「A HAPPY NEW YEAR」を希望。

 

48. 氷川きよし「紅白限界突破スペシャルメドレー」 

 正に突破した氷川きよし。いつの日か槇原敬之の「どんなときも」を歌って欲しい。

 

49. 松田聖子「Seiko Best Single Medley」

 こんな深い位置で登場するのかよ!

 

50. MISIA「アイノカタチメドレー」 

 トリに抜擢されたというより、「誰も彼女の後で歌いたがらなかった」というのが真実のような気も。しかし「アイノカタチ」って、今風の単純な歌詞の曲だよねえ。昨年からの大衆迎合が凄いな。

 

51. 嵐「嵐×紅白 スペシャルメドレー」 

 毎年、「松潤が井上真央に公開プロポーズ」するのを楽しみにしている「恋バナ好きのお節介なおっちゃん」としては、「いよいよ今年がラストチャンスやな」と意気込んでいたのだが・・・まさかの

「ニノ結婚しとるやないかい!」

松潤は怒ってニノと口もきかないそうだが、それは無理もない。コロマロだってそうする。

 

52.全員「蛍の光」 

 

昔、指揮をしていた藤山一郎は「メロディーと日本語が合っていない」という理由でこの曲が嫌いで、指揮はすれど歌ってはいなかったそうな。言われてみれば出だしの「ほたあーるのおーひいかありい」あたりからして微妙だなと。

はい。長かった。

そんなわけで「世界最大のテレビショー」。今夜開幕です。

TOP