ころまろ☆辛口エンタメ塾

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【平成の名曲】第1位『夜空ノムコウ』「君たちが歌うと、とってもいい曲だね」

スポンサーリンク

1位 『夜空ノムコウ』SMAP 平成10年

 

f:id:koromaro:20200117174210j:plain

 

 

 

彼等に歌ってもらうことが目標

 

SMAPの解散時にノーナリーブスの西寺郷太氏が「自作の曲をSMAPに歌ってもらうことが多くのソングライターの目標になっていた」と語っておりました。SMAPは自分たちの楽曲制作に、その折々の新進気鋭のアーティストを起用していたんですね(興味のある方は各自お調べください)。

 

『夜空ノムコウ』は、もともと川村結花氏が作詞作曲した「女性視点の曲」でした。それを気に入った音楽プロデューサーがSMAPに歌わせるために「男性視点の歌詞」を作り直すことにして、それをスガシカオ氏に依頼したというわけです。
「歌詞のみの依頼は初めてだった」という作詞担当のスガシカオ氏は、この作品の歌詞について

 

「予備校に通っていたときの御茶ノ水のちっちゃい公園が舞台で、つきあっていた彼女とお金もないし成績も悪いし、ずっといろんな話をしてたときのことが書かれているんです」

 

とのちに語っています。まあありがちだと言えばありがちですね。雰囲気的には現代版『神田川』というか・・・まあそれも悪くはないですし『夜空ノムコウ』が単品の曲としても良い楽曲であることは間違いないのですが・・・それだけではないという・・・

ではなぜこの曲がアフターバブルである「ロストジェネレーション」を象徴する曲になったのか?

 

 

平成という時代への鎮魂歌

 

「君たちが歌うと、とってもいい曲だね」

 

『夜空ノムコウ』について、SMAPにそう言ったのは小田和正氏です。

まさしくそこがポイントで、この歌をSMAPが歌うからこそ

 

♪あれから僕たちは♪ 

 

の「僕たち」が、まさに「僕たち」になったのですね。あの個性的な5人が歌うからこその「僕たち」であり、だからこそ聴き手側も、あの曲で描かれる「青春群像」の一員になれたのだと感じますね。

 

 

f:id:koromaro:20200503163801j:plain

 

 

2016年の真夏の深夜のこと

 

コロマロは東名高速でエンジンブローを起こしてしまい、動かなくなった車とともに、高速バスの停留所でレッカー車を待っておりました。

 

その日は愛知県豪雨の影響でなかなかレッカー車の手配が付かず、深夜1時過ぎには停留所の照明も落ちてしまいました。僕は仕方なく暗闇の中、バッテリーが厳しめの携帯を取り出したのですが・・・そこで表示されたのが「SMAP解散発表」の速報でした。

 

www.huffingtonpost.jp

 

 

それからメンバーのコメントなど、次々とリアルタイムで情報が出てきまして・・・僕はそれを見つつ、自分でも意外なほどの喪失感を感じておりました。

 

それで『夜空ノムコウ』の口笛を吹いたという話ですな。まあ、あれほど完璧な独りじゃないと、僕もそんなことはしなかったんでしょうが・・・

 

 
↓ニコニコ動画より↓

www.nicovideo.jp

 

 そんなわけで平成も終わってしまった今、この『夜空ノムコウ』のPVを独りで視ておりますと・・・なんだろうな?時代への鎮魂歌かな?まあそんな感じですかね。はい。マジでおすすめです。今見ると胸にしみるPVですよ。

 

さよなら平成。

 

(「平成の名曲」おわり)

 

www.koromaro.com

 

TOP

スポンサーリンク