コロマリズム サブカルチャー&ダイエット

ダイエッター&スカラプターのコロマロです。この雑記系ブログで、芸能ネタやダイエットや自慢話を語りながら、彫刻しつつ、皆さんのお越しをお待ちしております。ちなみにアルバルク東京のファンであったりします。

スポンサーリンク

バブルとは何か?「懐かしのバブルカルチャー101連発」その3 バブル崩壊30周年記念

その2からのつづきです

 

70.トムヤムクン

f:id:koromaro:20191012125853j:plain

 

『エスニックブーム』で注目。これにより『激辛ブーム』も勃発。

71.セカンドバック

f:id:koromaro:20191012125914j:plain

 

『野球選手の契約更改』の名物。最近『クラッチバック』と名を変え復権中。

72.ヘビメタブーム

f:id:koromaro:20191016003728j:plain


『イカ天』や『元気が出るテレビ』でブレイク。当時、深夜のコンビニ店員の髪はとてもカラフルだった。

73.DCブランド

f:id:koromaro:20191016003804j:plain


『デザイナーズ & キャラクターズブランド』。ありえない価格帯での販売でありながら『丸井』や『パルコ』のセールには長蛇の列が。

74.マハラジャ

f:id:koromaro:20191012125937j:plain

 

バブル全盛時に流行った『ディスコ』。

※かの『ジュリアナ東京』は厳密にはバブル以後のものだとコロマロは認識しております※

75.OH!エルくらぶ

f:id:koromaro:20191016004026j:plain

テレ朝土曜朝の若い女性向けの情報番組。『週休二日制』の定着を感じさせた。

76.純愛ブーム

f:id:koromaro:20191012130124j:plain

 

松任谷由実『Delight Slight Light KISS』、村上春樹『ノルウェイの森』など、華やかな時代だからこその恋愛ブーム。

77.牛若丸三郎太

f:id:koromaro:20191012130140j:plain

 

ジャパニーズビジネスマンの牛若丸三郎太が『24時間闘えますか?』と歌う栄養ドリンクのCM。今で言うブラック企業的なキャッチフレーズだが、当時は働けば働くだけ金になった時代だった。

 

78.へインズのTシャツ

f:id:koromaro:20191012130155j:plain

 

ボディコンやDCブランドといった派手な格好が巷に溢れた一方、シンプルな『Tシャツ&ブルージーンズ』というファッションも異常に流行っていた。

79.写ルンです

f:id:koromaro:20191012130206j:plain

 

爆発的に売れた使い捨てカメラ。『一億総使い捨て時代』。

 

80.はちみつレモン

f:id:koromaro:20191012130213j:plain

 

『ミニ缶』の甘酸っぱい飲み物が予想外のヒット

81.カワサキ・ゼファー

f:id:koromaro:20191012130219j:plain

 

『ネイキッドブーム』の火付け役であり、カワサキの二輪事業の救世主となった。

82.海外不動産買収

f:id:koromaro:20191012130234j:plain

 

『ジャパンマネー』で海外投資。調子に乗って『ロックフェラーセンター』まで手に入れてしまい、アメリカから本気の反感を食らう。

83.柴門ふみ

f:id:koromaro:20191012130249j:plain

 

バブルの代名詞的漫画家。『トレンディドラマ』の元ネタ。

 

84.ヘリをチャーター

f:id:koromaro:20191012130851j:plain

 

ノーマルのクレジットカードでヘリを『チャーター』できた。

 

85.ロマネ・コンティ

f:id:koromaro:20191012130032j:plain

 

今より安かったロマネ・コンティだが、夜な夜な『稀少ワイン』がどんどん消費されていた時代。

86.ピンドン割り

f:id:koromaro:20191012130027j:plain

 

高級シャンパンの代名詞であるドンペリロゼだが、当時は上記のロマネコンティを割るために使う『サイダー代わり』にされていたりした。

 

87.光GENJI

f:id:koromaro:20191016004216j:plain


バブル期のジャニーズスター。『マジックテープ式のローラースケート』で歌い踊ってブレイク。全盛期は短かったがその売上げは記録的であった。

 

 

88.伝染るんです

f:id:koromaro:20191012130310j:plain

『YAWARA』や『美味しんぼ』など勢いのあった頃の『週刊スピリッツ』に連載されていた四コマ漫画。独特のキャラに加え、その難解さと不条理さにハマる人間が続出した。

89.DADA L.M.D

f:id:koromaro:20191012130314j:plain

 

深夜のディスコ(クラブ)でダンス合戦をするという生放送番組。ダンサーの『TAKO』や『HIRO』などが人気者に。要はEXILEの元ネタの『ZOO』の元ネタがDADAという感じである。

90.桐島かれん

f:id:koromaro:20191016004415j:plain

 

『サディスティックミカバンド』の二代目ボーカルとして登場。

 

91.ハイレグ

f:id:koromaro:20191016004443j:plain



バブルの花の一つ。鋭い切れ込みで『杉本彩』や『岡本夏生』などが人気者に。

 

92.おしゃれまんが家

f:id:koromaro:20191012130343j:plain

 

『岡崎京子』『内田春菊』『中尊寺ゆつこ』などが人気物に。『オヤジギャル』などの流行語も生まれた。

 

93.ボーダーシャツ&ブラックデニム

f:id:koromaro:20191016004515j:plain



そして足元は『ラバーソウル』

 

94.新宿新都庁

f:id:koromaro:20191012130406j:plain

 

のちに『バブルの塔』と揶揄される事になる『東京都新都庁舎』

 

95.やまだかつてないTV

f:id:koromaro:20191016004545j:plain

 

『やまだかつてないWINK』や『KAN』の『愛は勝つ』などを生み出す

 

96.テ・ブ・ラ・コードるす

f:id:koromaro:20191016004613j:plain


『コードレスブーム』の代名詞的商品。

97.WINK

f:id:koromaro:20191016004748j:plain


無表情な二人組アイドル。代表曲は『寂しい熱帯魚』。バブル絶頂期の1989年に美空ひばりを抑えレコード大賞受賞。

98.あぶない刑事

f:id:koromaro:20191016004836j:plain


『タカ&ユージ』。横浜が舞台の刑事ドラマ。2016年にシリーズファイナルとなる映画が公開。

99.トレンドクリエーター

f:id:koromaro:20191012131635j:plain

 

『トレンドクリエーター 中谷彰宏』『空間プロデューサー 山本コテツ』『タクティシャン グーフィー森』『トレンドウォッチャー 木村和久』『ファッションプロデューサー 四方義朗』などなど

100.Mr.マリック

f:id:koromaro:20191016004907j:plain

 

『ハンドパワーです』『来てます!』 浅草の演芸場でマジックを披露しているところを、日テレのプロデューサーにスカウトされたのがブームの始まり。

101.トントン

f:id:koromaro:20191012130448j:plain

 

『人工授精』で生まれたパンダの子供。名称は一般公募され、黒柳徹子、小林亜星、イルカなどが命名制定委員を務めた。


※今後も思い出すままに更新します。

 

 

www.koromaro.com

 

www.koromaro.com

 

TOP