ころまろ☆辛口エンタメ塾

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【厭らしい嫉妬】水嶋ヒロの料理チャンネルは面白いぞと【回りくどい中傷】

スポンサーリンク

「MステをCMも飛ばさず全部観る」という荒行をライフワークにしている僕です。そんなわけで早くアシスタントを弘中に戻して欲しいです・・・まあそれはさておき・・・。

 

Mステの前アシスタントの弘中綾香さんが、NHKのYoutuberの特集番組の中で「水嶋ヒロのチャンネルがつまらない」と言っていたと知り、僕もそのチャンネルを視に行ってきました。

 

しかしながら・・・今現在業界干され状態の水嶋ヒロの事は気軽に批判しやすいという状況を頭においても、あえてTVにおいて「つまらない例」に出すほどのものではないというか・・・むしろハウツーものはこういうもので、その中でも解りやすいチャンネルだろうという感じがしたのです。

 

f:id:koromaro:20200226182324j:plain

 

件の水嶋ヒロさんのチャンネルは「水嶋ヒロが料理教室で基本的な日本料理を習うさまをシャレオツに紹介する」というものでして、なんというか「レタスクラブの巻頭グラビア」がそのままYOUTUBEになったようなものなのでした。

 

これは料理の基本を知りたい僕のような人間にとっては、結構解りやすいものでしたし、さらにここでは「オシャレYOUTUBE」というような独特の美意識が徹底しておりまして、その全体的な生活感の無さもさることながら、調理そのものもなんだか中学の科学の実験のような無機的な印象なのでありました。

 


#15 How To Cook “DEEP-FRIED WINGETTES” Japanese Home-Style Cooking / Hiro Mizushima(水嶋ヒロ)



さらには料理チェンネルであるはずなのに、水嶋さんは食レポどころか、一切料理を口にしないというアヴァンギャルドさなのです。毎回完成させた「サンプル模型のような料理」とともに美しいドヤ顔で〆るというね・・・まさに「僕の顔で御馳走様」なのであります。


そんなわけで僕はこのチャンネルは個人的にありだと思いましたし、実際に「作業用BGM的VTR」として、なかなか良いなとも思ったのです。要は「イケメン無罪」という話なんですね。


ですので、なぜわざわざ弘中さんが彼をくさすのだ・・・と思って詳しく調べてみたのですが・・・実際に「つまらない」としていたのは弘中さんではなくて(大うけで同調しただけ)、古市憲寿氏なる人物だったのです。

 

news.infoseek.co.jp

 

「どこかで聞いた名前だな」と思って調べてみたら、昨年の芥川賞の盗作疑惑作家様でしたね。吉田修一氏「盗作とはまた別種のいやらしさ」と評した人物で、今現在は「空気を読まないコメンテーター」として人気の男だったのですな。

 

www.nikkei.com

 

で、僕は意地悪なので、なんでこの人がわざわざ唐突に「水嶋ヒロのYOUTUBEチャンネル」を、それも「ふと思い出したように」持ち出したのか?その理由を徹底的に知りたくなりまして、両者の経歴などを色々色々入念に調べてみました。

 

(いきなり高校の同級生だったというのには笑いましたが)

 

ーーーー

 

そんなわけで長々書きましたが、水嶋ヒロさんって凄いんですね。

 

そして誰かとは違い、きっと彼にコンプレックスというものは、それこそ「手汗が凄い」っていうこと以外には、たぶん無いのでしょうね。うん。すっかりファンになってしまいました。チャンネル登録しましたよ。

 

www.koromaro.com

 


TOP

スポンサーリンク