ころまろ☆辛口エンタメ塾

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【卒業ソング7】『卒業』斉藤由貴

スポンサーリンク

今日は卒業ソングの傑作と言われるこの曲ですね。

 

 

 

 

青春を共に歩んだ曲

 

斉藤由貴のデビュー曲「卒業」は、僕が中学2年生の時の卒業シーズンに発表されました。 要は中3の春の卒歌でしたので、何だかその後の中3の1年間が、まさに「この曲とともに歩んでいた」ような・・・なんだかそれくらい思い入れのある曲なのです。

 

 

 

斉藤由貴との出会い

 

 

斉藤由貴のデビューは「明星 青春という名のラーメン」のTVCMでした。当初のBGMは中沢英也の「胸騒ぎ」であり、彼女の曲ではありませんでした。しかもCMの初期バージョンにおいては、彼女は口元のみの登場だったのです。このCMはとても話題になり、歌手デビュー前の顔見せとしては最高のものになりました・

 

こちらは「卒業」バージョン。実はほかにもいくつかのBGM違いがあります。

 

「卒業」ブーム の中で

 

斉藤由貴さんの「卒業」が出た1985年は「卒業」というタイトルの曲が量産された年でした。斉藤由貴、菊池桃子、尾崎豊、倉沢敦美・・・その中で、こと「現実的な青春感」という部分において、斉藤の卒業の出来が抜きんでておりました。

 


斉藤由貴 卒業

 

歌詞も曲も素晴らしいし、アレンジの「夕焼けの放課後の校庭感」というのも、実にたまらないものがあります。そして斉藤由貴の神奈川的なそっけなさと、それに相反する独特な(淑女感あふれる)タメも、福島市の中学三年生的に素晴らしかったのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

斉藤由貴とは? 

 

彼女の略歴です。

 

1985年デビュー。

1984年度ミスマガジンでグランプリに選ばれ「青春という名のラーメン」のCMでTV初登場。

1985年『卒業』で歌手デビュー。『スケバン刑事』で連続ドラマ初主演し爆発な人気となった。年末には初の主演映画『雪の断章 -情熱-』が公開。各映画賞の新人賞を受賞。

1986年に朝の連ドラの『はね駒』のヒロインを演じ平均視聴率40%を記録。『紅白歌合戦』へ初出場し、最年少のキャプテンを務めた。同年のアルバル『ガラスの鼓動』シングル『青空のかけら』はオリコンチャートでの第1位を獲得した。

1990年代以降は女優業を中心に活動。現在に至るまで、出演作品は多数に及ぶ。お気に入り詳細を見る。


1990年に雑誌の対談で知り合った尾崎豊と熱愛関係になり、翌年雑誌フォーカスにスクープされる。当時尾崎は妻子ある身であり、これは不倫関係であった。

さらに1993年には、またしても妻子ある川崎真世と不倫関係に陥り、双方が謝罪会見に追い込まれる事となった。これにより斉藤は『魔性の女』と称されるようになる。

1994年に一般男性と結婚し3人の子供を持つも、2017年には開業医との長きにわたる不倫が発覚。『魔性の女』の健在ぶりを世に知らしめた。

 

 

と「三つ子の魂百まで」いう感じで、相も変わらず「誘惑してもいいですか?」状態なのでした。

 

 

斉藤由貴的彼女 

 

f:id:koromaro:20200505140557j:plain

 

この頃は「こういう女の人と付き合いたいな」なんて思っていたりしておりまして・・・それは将来において微妙に実現するのですが・・・やはり僕の手に負えるものではなかったという感じですね。はい。思わずパンツを被ってしまうというものです。

 

♪守れそうにない約束は しない方がいい ごめんね♪

 


卒業 2007 斉藤由貴 Yuki Saito


↑当時の歌声を用いたリアレンジバーションですね。初めて聴きました。



しかしいいなあ卒業式。
本来だったら明日執り行われる予定だった娘の中学校の卒業式。

 

このまま・・・なくなってしまいませんように。

 

 

「卒業」歌詞

 

f:id:koromaro:20200321173637j:plain

 

www.koromaro.com

 



TOP

 

 

 

スポンサーリンク