ころまろ☆昭和45年男

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【おもいでのアルバム】卒業ソングその10

スポンサーリンク

今日は卒園ソングです。

 

「おもいでのアルバム」

 

芹洋子も夏川りみも歌上手すぎですね。

 


『おもいでのアルバム』 芹洋子 夏川りみ


歌詞

おもいでのアルバム

 

いつのことだか おもいだしてごらん
あんなことこんなこと あったでしょう
うれしかったこと おもしろかったこと
いつになっても わすれない

はるのことです おもいだしてごらん
あんなことこんなこと あったでしょう
ぽかぽかおにわで なかよくあそんだ
きれいなはなも さいていた

なつのことです おもいだしてごらん
あんなことこんなこと あったでしょう
むぎわらぼうしで みんなはだかんぼ
おふねもみたよ すなやまも

あきのことです おもいだしてごらん
あんなことこんなこと あったでしょう
どんぐりやまの ハイキング ラララ
あかいはっぱも とんでいた

ふゆのことです おもいだしてごらん
あんなことこんなこと あったでしょう
もみのきかざって メリークリスマス
サンタのおじいさん わらってた

(ふゆのことです おもいだしてごらん
あんなことこんなこと あったでしょう
さむいゆきの日に あったかいへやで
たのしいはなし ききました)

いちねんじゅうを おもいだしてごらん
あんなことこんなこと あったでしょう
もものおはなも きれいにさいて
もうすぐみんなは いちねんせい

 

 

・・・何だか歌詞を読んでいるだけで目頭が熱くなってきますね。

 

「おもいでのアルバム」は僕自身も卒園式で歌った歌で、その時はこの曲と「一年生になったら」の2曲を歌ったわけですが・・・僕は「一年生になったら」を嬉々として歌う他の園児たちを
 

「まったく…君たちはお子様でこまるよ…『思い出のアルバム』の方が遥かに良い曲なのにね…ふっ」

 

などと、加藤みきおチックに思っていたわけです。

「一年生になったら」

 

 
 
それから時は流れ、僕は自分たちの娘たちが卒園式で「思い出のアルバム」を歌うことを楽しみにしておりました。しかしながらその頃は、名子役の芦田愛菜が大ブームとなり、その中で「さよならぼくたちのようちえん」という、ほんと実に大したことがない歌が流行ってしまったのです。

 

さよならぼくたちのようちえん

 
 
そして・・・悪い予感は的中し、むすめ二人とも、卒園式のお歌は「さよなら~」の方になってしまいました。そんなわけで僕は時空を超えて再び

「まったく…お子様でこまるよ…『思い出のアルバム』の方が遥かに良い曲なのにね…ふっ」

などと、木下みきおチックに思ったのでした。はい。
 
 

 
 
 
 TOP