ころまろ☆辛口エンタメ塾

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【卒業ソング12】『さくら』ケツメイシ

スポンサーリンク

「さくら」はケツメイシの通算14作目のシングルで2005年2月にリリースされました。この曲でグループ初のシングルチャート1位を獲得し、同曲を含むアルバム『ケツノポリス4』は国民的ヒットを記録。ケツメイシの人気は不動のものとなりました。

 

 

2005年度 年間シングル売上2位

「桜」のシングルの売り上げはミリオン寸前の94万2千枚で、2005年度の年間シングル売上第2位となりました。ちなみに1位は「修二と彰」の青春アミーゴ」であり、売り上げ枚数は94万5千枚。「桜」はわずか3千枚の差でトップを逃した事になります。

 

 

PVについて

 

同曲のPVは「萩原聖人」が主演し、相手役には、当時、主にモデルとして活躍していた「鈴木えみ」が起用されました。

 


↓鈴木さんの現在は?2016年のインタビュー↓

cakes.mu

 

さらには岡田惠和氏(「ビーチボーイズ」「おっぱいバレー」「世界から猫が消えたなら」など)が、初めてPVの脚本を手掛けたことでも話題になりました。

 

PVでは河川敷に咲く一本の桜を舞台に、二人の恋愛模様が甘さと痛みを絡めて描かれていきます。そして時は過ぎて、同じ場所で同じように舞い散る桜の花びらが、あの頃の二人の記憶を呼び起こす・・・

 

というようなロマンティックな仕上がりになっていますが、PV中盤の「夢破れた萩原」のDVチックなキレっぷりだけは若干やりすぎたというか・・・乱暴が嫌いな人がこれを視たとしたら、たぶんドン引きするでしょうね(苦笑)。

 

 ↓PVはこちらから↓

gyao.yahoo.co.jp

 

あの桜の木の秘密

 

ちなみに、あの印象的な桜の木ですが・・・実はあれは

 

【別の場所から本物の桜の木を持ってきて、あの河川敷に丸ごと植え込んだ】

 

物なのだそうです。
いやあ、それは考えもしなかったというかビックリです。そして今はたぶんそういう事をやるのは無理でしょうね

 

 

 

 

ケツメイシは声がいい


さくら


この人たちは声がカッコいいです。そしてこの曲に限らず、毎回、メロディアスな良曲をシングルとしてリリースしますよね。ネタが尽きない辺りも凄いなと思いますし、これからもずっと活躍していって欲しいアーティストだと思っています。



コロナに負けるな!

 

 「さくら」歌詞

 

f:id:koromaro:20200321180143j:plain

 

www.koromaro.com

 

www.koromaro.com

 

TOP

スポンサーリンク