ころまろ☆昭和45年男

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【テセウスの船】ディレクターズカット版 第6話【心さん普通に死刑案件】感想

スポンサーリンク

動画配信サイトParaviで「テセウスの船 ディレクターズカット版」が配信されております。果たしてオンエア版とはどう変わっているのか?その第6話の感想です。

 

f:id:koromaro:20200418103027j:plain

 

<第6話「 真犯人からの招待状」公式トレーラー>

 

田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が!


それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。

 

第6話も全く変わりがない

 

「ディレクターズカット版」と銘打っているのに、これまで視た第1話も第2話も第3話も第4話も第5話も「オンエア版と全く同じ」でした。では第6話はどうだったかというと・・・

これがまた全く同じとしか言いようがありません。46分というタイムもオンエア版と同一です。いくら視ても僕には違いが全く判りません。これはもはや

 


ZARDの「負けないで」

 


ダリルホールの「ドリームタイム」くらいのそっくりぶりですね。

 

一体全体、ディレクターズカット版とは何なのでしょうか?

激しく疑問です。

 

相変わらずな心さん

 

正直、この回あたりから脚本がかなり杜撰になってくるのですが、まあテレビドラマというのは「展開の面白さ>細かい設定」というものですから、その辺はあんまり気にしないようにしていきます(ただでさえ突っ込むのは心さんだけで手一杯なので)。

 

f:id:koromaro:20200418104123j:plain

「木村さつきに聞いてやる!」と鼻息荒く病室に乗り込む心さんですが・・・

 

f:id:koromaro:20200418104227j:plain

死体にビビってあえなく逃走! 当然、心さんの指紋も防犯カメラ映像もバッチリ!

 

f:id:koromaro:20200418104558j:plain

この状況で「犯人に全く見当がつかない」という心さん。おまえさんいくらなんでもな・・・


心さん うっかり死刑案件

 

f:id:koromaro:20200418104756j:plain

真犯人に巧みに誘導され、またしても死体と御対面する心さん。

 

f:id:koromaro:20200418104934j:plain

取り調べで泣いて大騒ぎ! 冷徹な警察なら殺人二件で死刑案件にされますぜ。

 

f:id:koromaro:20200418105401j:plain

危ないところをまたしても由紀に助けてもらいます。「親子で一緒に死刑囚」なんて、ウッカリでは済まされません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

心さんVS真犯人

 

どちらかに賭けろというなら、皆さん同様、僕も真犯人に持ち金全部ですね。

f:id:koromaro:20200418105616j:plain

みきおさんにドヤ顔で「真犯人と一人で対決してくる」と宣言する心さん。

 

ドヤッ!

f:id:koromaro:20200418105848j:plain

慰霊碑の前で独りで心細く待つ心さん。『由紀来ないかな・・・』

 

f:id:koromaro:20200418105951j:plain

みきおさんがどこからか瞬間移動して突然登場! 心さんさほどそれを疑問に思わず。

 

f:id:koromaro:20200418110138j:plain

「みきおさん立てるんですか?」と、心さんナイスボケをかまします。 案の定、襲い掛かられ重傷を負います。

 

今週のポンコツ

 

さすがに今回は心さんも切り札を持っていました。

 

f:id:koromaro:20200418110412j:plain

瀕死でありながら「会話は全て録音した」と誇らしげにボイレコの存在を教えます。

f:id:koromaro:20200418110613j:plain

みきおさんは呆れ果てて立ち去り、心さんはまたタイムスリップ。

f:id:koromaro:20200418110713j:plain

案の定、ボイレコは子供時代のみきおさんにゲッツされてしまいます。おしまい。


 

そんなわけで6話もポンコツな心さんでした。
そう言えばこの回で由紀に真実を告白するシーンがあるのですが、そこでも何だか「過去のプロポーズ」同様にいまひとつイケてない心さんなのでした。

 

f:id:koromaro:20200418111325j:plain



「今度は俺が上手い鍋でも作りますわ!」

『もういちど会えたらその時は伝えるよ・・・』

 

 

これってなんとかフラグってやつですね。


はい。

 

ーーーーー

 

今回も僕はオンエア版とディレクターカット版の違いがよく解りませんでした。もう一度オンエア版の方も見直してみますね!

 

皆さんもParavi(無料期間内で全話視聴できます)でご覧になって、是非間違い探し 是非追加シーンを探してみてくださいね。

 

www.koromaro.com

 

www.koromaro.com



TOP