ころまろ☆辛口エンタメ塾

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【僕とミニバス8】強豪チーム対策(オニマツ編スタート)

スポンサーリンク

僕が子供のバスケットにどっぷりハマっていくお話ですね。

 

f:id:koromaro:20200421211451j:plain

 

 

 

ポテンシャルの高い新チーム

 

2015年の春が来て、僕のミニバス生活も2年目になりました。小5と小3の娘のいる女子チームは、新6年生の身体能力がみんな高く、内心「これは結構いけるんじゃないか?」と思っていたのです。 実際、新チーム結成直後に行われた春の大会では、負けはしたものの、かなりの手ごたえを感じることができました。

 

名門「オニマツ」

 

そんな中で夏の大会の抽選会になりました。公式戦勝利 (女子は連敗が続いていた) を狙える組み合わせを期待しましたが・・・クジを引いたキャプテンのナナが苦笑いを浮かべています。それもそのはず、対戦相手は「オニマツ」という、全国ミニバス大会の上位入賞経験もある、県内屈指の強豪チームだったのです。ウチのような一回戦負け常連チームが、逆立ちしても敵う相手ではありませんでした。

 

新コーチの自信

 

抽選結果を聞いて皆がひっくり返っていると、一人、女子の新コーチだけが何故か楽しそうにしています。訳を聞くと

 

「相手を分析して戦術を考えるのが大好きなんですよ。オニマツなら資料も一杯あるんで、どんどんクセや弱点を見つけ出してやりますよ」

 

その後、コーチの言葉通り女子チームは「対オニマツ」に特化した練習をしていきます。僕は男子チームについていたので、その練習に直接関わる事はなかったのですが、家に帰って娘から伝え聞くその内容は、実にワクワクさせられるものでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

僕はスパイ活動

 

僕も男子の練習試合会場で一緒になったオニマツ女子の試合を、わざわざフルで動画に撮ってコーチに提供したりしまして(諜報部かよ!)、なんだか妙な盛り上がりを見せていたのです。

そしていよいよ試合の日になりました。

いざ決戦です。しかしながらそのオニマツとの試合。僕がそれまでに(それ以後も)一度も観たことがない、そして経験した事もない、実に奇妙な試合になったのでした。 

 

徹底分析DVD

 

いいところで話は戻りますが・・・

「相手を分析して戦術を考える」というものに、僕はその後完璧にはまってしまうのですね(つくづくハマりやすい)。日頃、ともに練習をしていた男子チーム用に、相手チームを徹底的に研究したDVDを制作し、試合の前に配っていたのです。

 

この研究というのが、本当に面白かったのです。いくら上手いと言っても、結局のところ相手は小学生なのです。いい大人が本気で何度も映像を見れば、まあ癖なんてものは大分わかってくるものなのですな。そんなわけで僕は夜中に一人「ふふふ・・・見つけたぞ・・・」と、あのデスラーばりにほくそ笑んでいたという話なんですな。ヤマトの諸君。

 

なんかもう、ハマりっぷりがおかしい方向になってきましたが(苦笑)、しかしながら、こういう面においても「コーチが感じる団体競技の面白さ」というものを僕は理解していったのです。

・・・正しい理解なのかどうかはわかりませんが。


www.koromaro.com

 

www.koromaro.com

 

つづく

 


TOP

スポンサーリンク