ころまろ☆辛口エンタメ塾

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【週刊ころまろ1】金正恩の死亡説と通な人(2020年5月4日号)

スポンサーリンク

今週から始まった新企画「週刊ころまろ」です。

その週に起こった印象深い出来事を取り上げていきたいと思っています。


f:id:koromaro:20200504090448j:plain

※写真はただのアメリカ通です。【ブックカバーチャレンジ】とは一切関係がありませんし、そもそも誰にも誘われてません※

 

 

 

金正恩の死亡説

 

f:id:koromaro:20200504090749j:plain


今回の金正恩関連のドタバタを視ていて、祖父である『金日成の死亡説→なしよ』が頭に思老い浮かんだ人は結構いたのではないかと感じます。

 

f:id:koromaro:20200504090655j:plain

 

金日成の死亡説というのは昭和の頃に何回かあって、その後、ひょっこり彼が姿を現すたび、各メディアが特徴である「後頭部のこぶ」の確認に追われていたことを思い出します。

 

f:id:koromaro:20200504090723j:plain

 

金日成の時も金正日の時も、本当に亡くなった際には、わりともったい付けずに北朝鮮が発表していた印象があるので、いわゆる「死亡説」というのは、いつの時代も怪しいものなんじゃないかなと思ったりもします(たぶん北朝鮮国内向けの何かなんだろうな)。

 

 

通な人

 

それで徒然と思い出すに、昔は「北朝鮮通のキャスター」とかいたような記憶があるんですよね。他にも「カンボジア通のキャスター」とか・・・特に詳しい専門分野があるキャスターです。今の神奈川県の黒岩知事なんかも「医療関係」に滅茶苦茶詳しかったわけですし。

 

f:id:koromaro:20200504090930j:plain

 

まあ誰もが池上彰になれとは言わないし、その必要もないけど、キャスターに限らず本業以外での「何か得意な専門分野を持つ人」という人。要は「通な人」というのは、それそのものが武器になるし、カッコいいよなあと思います。

 

 

僕の場合は何だろう?
とりあえず自分の事にはとても詳しいのだけれど。

 

www.koromaro.com




TOP

スポンサーリンク