ころまろ☆辛口エンタメ塾

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【僕とミニバス16】ここで勝つんだよ!

スポンサーリンク

僕が子供のミニバスに極端にハマっていく話ですね。


ここまでのあらすじ

クジ運悪く「全国大会出場チーム”オニマツ”」と一回戦で当たることになったウチのチーム。対策の成果とオニマツの不可解采配もあり、ハーフタイムまでに大量31点のリードを得るも、第3クウォーターに猛反撃を食らい点差を詰められ、最終第4クウォーターで射程圏まで追いつかれてしまいました。試合時間残り2分半。タイムアウトです。

 

f:id:koromaro:20200518212339j:plain

 

 

灼熱の総合体育館

 

左右のコートの試合は既に終了しており、会場の注目はセンターコートに集まっておりました。いよいよ全ての決着の時です。鼻息も荒くなろうってものです。

しかしながら、ここで一緒に見ていた男子が

「女子強くなったね。今年勝てるかもしれないね」 

と、実にすっとぼけた事を言ったのです。むかっときた僕は 

「何言ってるんだよ!ここで勝つんだよ!」 

と、言い返したのですが・・・興奮のあまり声が裏返ってしまいました。

それはチビっ子たちのツボに入ったようで、その後


「どこで勝つんだよ?」
「ここで勝つんだよ!」
「どこで勝つんだよ?」
「ここで勝つんだよ!」


と、延々と問答を繰り返しはじめたのです。

 

 

最終クォーター試合再開


予想通りウチのチームは『ロングボールを敵陣に放り込んで、ハルカの足で勝つ』という戦略を取りました。『追いつけるものなら追いついてみろ』という、実に解りやすい作戦です。

しかしながら、やはり勝負事に不慣れというか・・・なんだかもう緊張しすぎというか・・・

本当に誰がどう見ても、たとえどんなに素人の人が見ても

『いくらなんでもそこだけは無いでしょ??』

というところへボールを投げてしまうのです。当然の如くオニマツにカットされ、毎回カウンターの反撃を食らってしまいます。それを何とかヘルドボール (リスタート) に持ち込んで、必死に攻撃を潰していきます。

 

「どこ投げてんのよ~」
「何考えてんのよ!」
「ああ~!もうっ!」
「抜かれるな!追えっ!」


ママさんたちは、もう誰の子であろうが構わずに、厳しい声を投げつけています。

そしてチビっ子たちと言えば

 

「どこで勝つんだよ?」
「ここで勝つんだよ!」
「どこで勝つんだよ?」
「ここで勝つんだよ!」

 

と、さっきのフレーズを飽くことなく、勝利の呪文のように唱えつづけているのです。

 

伝説へのレイアップシュート

 

そんな狙いバレバレのロングボールを投げては、あっさりオニマツにカットされる展開。しかしながら・・・もうオニマツには、そのボールをゴールまで持ち込むような力は残っておりませんでした。

 

『どこで勝つんだよ?』

 

放たれつづけたロングボールが、ついに敵陣に抜けていきました。そこにハルカが走っています。

 

『ここで勝つんだよ!!』

 



 

ハルカがボールをキャッチし、追いすがるオニマツの子を振り切り、レイアップシュートを放ちました。ボールはまるでお手本のようにゴールネットに吸い込まれていきます。

 

「ナイシューーーーッ!!!」
「勝った!」「勝った!!」

 

控えの娘達が立ち上がって喜んでいます。一方のオニコーチは椅子にどかっと腰を落とし、両手を上げて天を仰いでいます。デジタイマーの残り時間は僅かです。もう間違いありません。

 

チビッ子たちは一秒ほどフライング気味に、勝利へのカウントダウンを始めました。

 

3.2.1.0! ビーーーーーーー!

 

試合終了のブザーが鳴りました。場内は番狂わせに騒然としております。ジャイアントキリング。弱小チームが遂にオニマツを倒したのです。試合が決まってから2ヶ月ほど、僕等が密かに夢に描きつづけていたものが、今現実になったのです。

 

 

つづく (次回オニマツ編最終回)


www.koromaro.com

 

www.koromaro.com

 

 

TOP

 

スポンサーリンク