ころまろ☆辛口エンタメ塾

毒舌ネットコメンテーターのサブカル話。たまに愛。

【週刊ころまろ16】芸能人Youtuberについて【速水もこみち、水嶋ヒロ、石橋貴明、宮迫博之、手越祐也】

スポンサーリンク

夏休み中に芸能人YouTuberをチェックをしていた『自称YouTube評論家』の僕です。

昨年ぐらいまでは芸能界とネットの世界にはまだまだ微妙な壁があったような気がしますが、今ではもう本当に誰もが彼もYouTuberですね。みんなあれやこれや面白い動画を作ろうと頑張っています。

ではそんな中から、特に印象に残った方々をご紹介します。

 

f:id:koromaro:20200901181951j:plain

 

 

もこ&ヒロ

以前も取り上げた「速水もこみち」と「水嶋ヒロ」の「料理系チャンネル」ですが、双方ともに、料理動画の行き詰まり感が隠せなくなっています。まあ単に料理動画ならば、彼らよりも極端なことをしている人が沢山いますからねえ…目新しさがなくなってくると、いくら有名芸能人とはいえ、キツいものがあるのかもしれません。

そんなわけでテコ入れなのか、最近、もこみちチャンネルの方は「ゲーム実況動画」を初めたのです…が…これがもう実に「速水イマイチ」という感じなんですね。要は「あんまり面白くない」のです。

痛々しいとまでは言いませんが・・・つくづく彼はゲーム向きのキャラじゃないよなあと感じさせらせます。

f:id:koromaro:20200901182012j:plain

 

そして一方の水嶋に至っては、もう2か月ほど更新そのものが途絶えているという状況なのです。もとから「やる気、元気、いわき」的なものは皆無な人だけに、何だかこのまま専業主夫に戻ってしまうのではないかと心配してしまいます。そういや最近、奥様の方は音楽番組でよく見かけるわけですしね。

 

そんなわけで、かくの如く「イケメンならOK」とはならないのがYouTubeというものの難しさなのでしょうか?僕は双方のチャンネルがともに大好きなので、今後も逆境に負けずに頑張って欲しいものです。

 

貴ちゃんねるず

各メディアで『石橋貴明がYouTubeで復活!』と報じられている通り、なかなか勢いのあるチャンネルです。開始後すぐに、あの清原和博の「男気じゃんけん」や、忖度なしで飲食店を評価する「東京アラートラン」などが大きな評判を呼びました。


飲食業界の為に、石橋が立ち上がる!新企画「東京アラートラン」

 

演出は近年のブレーンのマッコイ斎藤ですので、まぁいつものノリと言えばいつものノリなのですが、石橋にとってはブラックジョークも気兼ねなく言えるYouTubeという環境は、おそらく本人的にもとても良いのでしょう。連れてくる人脈もさすがですしね。

ただ「面白い回」と「面白くない回」の差が激しすぎるきらいもありますね。そしてその辺からは「彼の人気」と、さらには逆に「彼の人気が落ちた理由」というものが垣間見える感じもします。

あと石橋は滑舌が悪くなってきましたね。聞き取りづらいったらありゃしない。まぁ還暦間近だし、それは仕方がないことなのでしょうけど。

 

宮迫博之

f:id:koromaro:20200901182111j:plain

もこみちのゲーム動画関連で発見。これまで彼を一度も面白いと思ったことがなかったので、あんまり期待せずに視たのですが、これがなかなか頑張っているなと思いました。


サービスエリアNo.1グルメぜんぶ食べてみた【東京〜大阪間】

年下のスタッフとの関係性が良いのが好感度のポイントですね。おかげで先輩や同世代の芸人と一緒にいる際に感じる「小物臭」みたいなものが、いい感じに彼から消えています。たぶん年下との方が上手くやれるタイプなんでしょうね。今の楽しそうなノリを見る限り、コンビの復活は当分無いかもしれないなと感じました。

 

あとは意外と上品なんだなとも思いました。芸歴の長さに比例して、良くも悪くもテレビの世界のコンプライアンスが染み付いているというか…その辺りは一般YouTuberや、YouTuber上がりのタレントとの大きな違いなんだろうなと感じました。

 

 

手越祐也

f:id:koromaro:20200901182147j:plain

実はこれまで「動く手越」と言うものを音楽番組以外に見たことがなかったので、なんとも新鮮な思いで視聴することができました。

基本的にジャニーズに弓を引く人間は応援したいので、もとから彼にかなり好意的だったのですが、この人の場合、宮迫と違ってスタッフに恵まれていないなと思いました。

手越という素材を、なんでこんなふうな料理にしちゃうかなと。まるで大間産のマグロをツナ缶にしちゃうようなもったいなさと言うか…。今の彼なら何をやっても面白いはずなのに、全然そうなってないところが逆にすごいなと思いました。

 


【チャラ男の無人島生活②】手越vs魚と蜘蛛、最高の景色を求めて

 

そもそも僕らは「芸能界で一番チャラい」彼の「普段のチャラい暮らし」に興味があるわけで、何もわざわざ彼が「無人島暮らし」をする様をみたいわけでは無いのです。

無人島でテキトーに仕事をこなす彼ではなく、テキトーに生きて、テキトーにどうにかなってしまっている普段の彼の姿を見たいと。

 

(実際に面白い動画はモーニングルーティーンだったり自宅紹介だったりするし)

 

コロナ禍における制限とかさし引いても、なんかチャンネルそのものが、そういう基本的なことをあんまり理解していないような気がするし、実はこれ、もうやばいんじゃないかなとまで思ってます。はい。

今すぐ軌道修正すべし!これは自称YouTube評論家からの提言です!

 

TOP

スポンサーリンク